I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

日沈む国日本

 今年度の予算編成や子供手当の杜撰さを見るにつけ、この国も近いうちに財政破綻かな。下手をすると日本円が紙くずになるかもしれません。銀行も企業もがんがん倒産するし、道路は整備されずに放置されたまま荒れ果てていくでしょう。国民の約半分が大嫌いな公共事業がついに無くなりますよ。(笑)
 事実、金持ち連中からはいまの日本は見放されています。マーケットとしての価値がないし、何よりも選挙後に控えているであろう増税を想像すると脊筋が寒くなるそうです(子供手当の財源確保だけでも想像してみれば解るでしょう)。いつ破綻してもいいように、いつでも海外へ出られる準備ができているそうです。逃げられないのは、いわゆる一般家庭とそれ未満の人達だけ。

 誰が悪いかというと、鳩山でも小沢でもなくて民主党に投票した国民全員の責任。どんな法案が出てきても、メディアリテラシーも何一つなしで、テレビで流される甘言(TV局なんて利害関係が合えば簡単に買収できます)を全て鵜呑みにし、暴動一つ起こさないこの国だから。
 私はよく学生闘争の暴力性を批判するけれど、本当に暴力が必要とされるのは、こういう時。特に民主党に投票した層は『中高年以上が大部分』なのだから、若年層は、自分たちのほとんど民主党を歓迎していないということを、大きくアピールする必要があった。しかしネット上での批判や、ささやかなデモがいくつか起こった程度で終わってしまいました(そんなことよりも、自分たちの生活の方が大事ですからね)
 中高年世代の人達は、今の若年層と違って他人の話を元に真面目に考えることをしません。力と信念と行動の世代ですので、暴力性を目の当たりにしないと、眼の前で何が起こっているのか理解できないのです。
 鳩山と小沢に任せれば、この国がどうなるかというのは、かつて自民党が選挙時に流したネガティブ・キャンペーンで完全に予言されていました。
 こうなることは、国民のほとんどが解っていたはず。それなのに中高年の大半は、未だに小沢を「悪の検察と戦う正義の味方」といい、鳩山を「最高の改革者」だと賞賛しているのですからね。4億の金を知らないなどとぬけぬけと言い、脱税することよりも漢字を読み間違える方が(その代わり麻生元首相は外国語が堪能です)遙かに罪深いことだと思っているようです。

 でも私個人の所感としては、こうなってしまって良かったと思っています。どうせなら鳩山政権にはもっともっと大きな失敗を盛大にやらかして欲しい。今後50年は癒えないくらいの大失態を期待しています。それは、決して自民の負の遺産などと言い訳できないくらいの大きな失態でないといけません。
 参院選で民主が大勝すれば、それは4年以内に充分可能です。独裁でもファッショでも何でもござれですから。好きなだけ暴走して欲しい。そしてテレビ局はそれらを失態とは報道せずに、大いに賞賛すべきです。
 そのくらいにならないと、この国の政治への無関心と他人任せは治らないですからね。生活は破綻するし、大変なことかもしれませんけれど、選挙で今の政権を選んだのは国民なのですから仕方ないでしょう。
 もしも他国との関係が悪化すれば、軍があって軍がないとかいうわけのわからない状態や、憲法もいい方向へ改正できるかもしれません。アメリカからはもうすっかり呆れられている状態ですし(少なくともアメリカではHatoyamaへの信頼は既に失墜しています)、そろそろ国家として自立すべき時なのかもしれませんね。

 自民党政権のままだったら、悪いながらも国家として正常に運営されて行きますから、問題点が明るみにならない。逆に民主党政権の政策は生活に直撃します。そういう意味では、とてもいい薬ですね、我々国民にとって。

Posted at 2010/03/29(Mon) 19:56:40

政治・宗教・世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

内外タイムス破産、リアスポ廃刊

 新聞社どっか潰れるよー言ってたら本当に潰れちゃったよ……。しかし、内外タイムスなんてまだ序の口。亀井大臣が銀行なんて潰れてもいいと仰っていますし、銀行再編も再び来るでしょう(警察OBなんかが経済についてまともな知識あるわけないのに)
 一時期あった雑誌乱発も現在は下降路線。編集者志望の人間は相変わらず多いけれど、サラリーマン気質が多く、有能な人材は以前よりも不足しているという状況。実際に編集者と話すと、仕事よりもプライベート派が多いかな、という印象。仕事人間って言葉は忌避されるものかもしれませんけれど、日本をずっと支えてきたのは他でもない仕事人間なんですよね。

 IT業界は――相も変わらず人材浪費。育成が下手なとこ多すぎ。少しアングラ気味のことをやれば相変わらず儲かりますけれど……。しかし出会い系ももう儲からなくなると思う。
 鼻が利く人なら、儲けながら次々と業態を変えて、さらに儲け続けることはできると思う。けれど、業界全体の底上げとなると難しい。

 コンビニ業界――APとの合併も含め、ファミマが徐々にせり上がってきて、一方の帝王セブンはがんがん潰れている状況。
 なぜかというと、ロイヤリティの関係で、全く同じ売り上げでも、オーナー視点ではファミマFCだと黒字。一方のセブンFCだと完全に赤字経営となるせい。ローソンはその中間くらい。こりゃ業界再編もあるね。
 少なくとも24時間営業も強制はなくなるでしょう。すぐにでも無くさないと、危険信号の出ているFC店が踏ん張りきれない。
 セブンの堅い方針は不況を乗りきるのに、決して悪くないのですが、中枢のみが儲かる構造にしすぎ。結局のところ役員が頭堅すぎ。ローソンの新浪社長のように、外部から頭脳を招聘→人員一新くらいした方がいいと思う。それができるなら苦労しないだろうけれど……。
 ただしローソンもオーナー不足で救済RC化が多発。アルバイト優遇策をとっているけれども、ほとんど効果なし。ただし、友達同士でも起業を容認しているのは時代に適合している。金儲けを目指す男はもはや結婚しないのが現在のスタイル(儲けてから女をじっくり選んだ方が遙かにマシな社会になったため)。コンビニ経営でも年収一千万はまだまだ狙える。
 セブンが家族経営以外を認めないのは、奴隷を作ろうという下心が過ぎて、コンビニ経営志望者からは敬遠されがち。
 政治的にも、民主党はコンビニオーナーを票田として活かす考えの模様。確かに、オーナーの味方についた方が遙かに票を稼げる。本部に味方したところで、得られる票なんてたかが知れてる。
 しかしオーナー側は家族経営の上、地元密着型経営にならざるを得ないので、得られる票の桁が違う。オーナーから直々に頼まれれば普段投票に行かないアルバイト青年も、投票する可能性が飛躍的に伸びる。しかも、もともと自営業者は自民党の息が強いので、本来の自民固定票を奪うことさえできる。

 小説――村上春樹「1Q84」続きまだかなー。解説本乱発などの、便乗商法にはあきれるけれど。
 相変わらず有望な人は埋もれきって出てこない。特に文藝春秋系はもうダメなんじゃないかなー。私みたいな変態はまだついていけるけれど、明らかに世相が見えてない。どこもかしこも結局のところ問題は人材不足。
 辻原登はベテランの割に存在が空気同然だったけれど、最近は、ネット上の本読みの間でもよく評価されるようになった。でも、結局のところ作者の頭が堅いのよね。もう少しやわらなくならないと読者は増えないし、読者が増えないと後進も育たない。後進が育たないと、どんどん技術は失われていく。

 漫画――飛躍的に伸びる漫画家増えたなー。森薫「乙嫁語り」とか。まだ若いのに、もう巨匠のオーラさえ感じる。でも、ビーム・コミックなんて雑誌は見たこと無いよ。この業界も人材と出版社がうまく噛み合ってない。相変わらず日本の看板漫画は尾田の「ONE PIECE」という状況。

 アニメ……売り方がどんどん姑息になっていくような……。青い文学は原作レイプが耐えられなくて切った。DTBは見てる。面白いよこれ。

Posted at 2009/12/02(Wed) 22:03:48

政治・宗教・世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

八ツ場ダムに見える民主党独裁の危険

asahi.com八ツ場ダムの町、一晩にメール4千通 批判・中傷8割

前原誠司国土交通相が建設中止を表明した八ツ場(やんば)ダムのある群馬県長野原町の町役場に、一晩で4千件のメールが殺到していたことが25日わかった。建設推進を求める地元に対し、8割が批判的な内容。町は「中傷が目立ち、メールサーバーへの負荷もかかる」として、メールの受け付けなどを25日朝、停止した。

 民主党盲信者や、テレビ・ネットの印象操作によって「ダムは悪、ダムは悪」と刷り込まれた一部の国民が暴走している模様。

 ダムは治水・水源のために必要不可欠な施設です。未設の建築計画を見直すのであればともかく、途中で建設を中止すると、農業・生活・防災面で、多大なしっぺ返しを喰う場合があります。そのしっぺ返しを喰うのはもちろん地元民。
 今回の出来事は、地元民が必要としている施設を、全く無関係の、TVや新聞・ネットからしか情報を得られないような第三者が勝手気ままに批判しているという構図。

「(民主党が総選挙に勝ったという)民意に背くのか」といった批判や、「ダムが中止になって、なぜ喜ばないのか」という意見が多く、なかには「ごね得」「非国民」などと中傷するメールも

 まるで戦時下の大日本帝国みたいですね。(笑) この人達は本当に独裁政治を望んでいるようです。とても先進国の人間とは思えない。民主党が正義で、他が悪だとでも言うのかしら。そしてそれは絶対にあり得ないことです。行政に正義なんてものがあったら逆に困るでしょうね。(笑)

 あたかも国民の大部分が民主党を支持したかのように勘違いしている人達も中にはいるようですが、それは小選挙区の弊害であって、実際の議席数と投票の傾向は一致しません。小選挙区の場合、全国区でA1:B1.2くらいの比率で投票の結果が出た場合でも、Bが、過半数どころか独裁が可能なほどの圧倒的議席を確保してしまうのです。
 これって変でしょ? 前々から変だ変だと言われ続けてきたのですが、改善されないまま今日まで来ています。そして、それは皮肉にも自民党の責任が大きい。本来は自民党が勝つための小選挙区制だったのだから。

 因みにダム工事が中止されると、費用の返還義務が生じるために、完成された場合よりもさらに多くの血税が消費されます。ぶっちゃけ、完成させた方が安いですよ。(笑) もちろん運用のために維持費等はかさんでいきますけれども。

Posted at 2009/09/26(Sat) 10:55:09

政治・宗教・世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

ファシズムへひた走る民主政権

 亀井静香……なんだよあのヤクザは。(笑) 典型的な利権政治家を大臣にして何やってんだ。あんなのが一度大臣になったら、もう外そうと思っても外れないぞ?
 小泉政権時にやっと癌退治できたと思ったのに、民主で復活とかやり切れないね。

 もはや国民共々心中するしかない。
 亀井さんの地元限定で公共事業が増えてにぎわいそうだなー。かんぽの宿もできるんでしょうね。(笑)

asahi.com;民主、議員立法を原則禁止 全国会議員に通知

民主党は18日、政府・与党の二元的意思決定を一元化するため、議員立法は原則禁止し、法案提出は原則、政府提案に限ることを決め、同党所属の全国会議員に通知した。政策決定がスムーズになり、族議員の誕生を防ぐといった効果が期待されるが、政治主導が不完全なままでは従来の政府見解にとらわれて自由な立法活動が阻害される可能性もある。

 これファシズムの第一歩だ! 立法権をまず政府にのみ限定することで、独裁政治をやりやすくするわけですね。
 どんなアホな法案でも通せるようになってしまう、小選挙区制というのは本当に罪な制度ですね。もちろん、それに乗っかってた自民の罪でもあるのですけれど。

例えば、改正臓器移植法や水俣病救済特別措置法など今年の通常国会で成立した弱者救済にかかわる法律は有志議員によって成立にこぎつけた。臓器移植法は党議拘束を外すことで採決が可能になった経緯もある。だが、議員立法の原則禁止により、こうした法案の提出が難しくなる恐れがある。(金子桂一)

 端的に言うと弱者を守る法律ができなくなる、ということです。これからは強者の強者による強者のための政治が行われる、ということ。
 多分、近いうちに検察にも介入するでしょう。そして小沢、鳩山不祥事を全て握りつぶす。(笑)

 さらに人権擁護法をはじめ、人権に関連した法が次々と制定され、自由な発言は一切できなくなると思います。例えば「亀井は癌だ」、という書き込みをしただけで「人権侵害」として逮捕されることに……。全ては政府にとって都合の良いようにしか解釈されません。
 つまり政治批判等も一切できなくなるということです。怖いね。

 今後こういったオバケ与党が生み出されないための対策としては、小選挙区制の廃止と、政治とメディアとの関係を正さないとね。
 あれだけ記者クラブを廃止すると言っておきながら、その気配は全くなしですし。(笑) あんなもん廃止する、の一言で済む。記者クラブなんてものは、世界中で日本にしかないんですし。政治との癒着の原因にしかなっていないし。しかし官房長官が大手メディアを掌握するために、絶対に許さない。

Posted at 2009/09/19(Sat) 15:09:36

政治・宗教・世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

ウイグル暴動

MSN産経;

【ウイグル暴動】ウイグル族が漢族襲撃、140人死亡

AP通信によると、投入された武装警官は催涙ガスや放水で対処し、数百人を拘束した。香港メディアは、警察側は電気ショックを与える警棒や威嚇射撃で暴動を押さえ込んだとしている。犠牲者の多くは漢族とみられ、警察車両が群衆に突入し、ウイグル族の男性17人が車両の下敷きになり死亡したとの情報もある。フランス通信(AFP)は、暴動の参加者を約3000人、投入された警官隊を約1000人としている。


 市当局は、ノーベル平和賞候補にも挙がった在米ウイグル人活動家、ラビア・カーディルさんを議長とする亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」(本部・ミュンヘン)が、4日夕からインターネットを通じて抗議活動を呼びかけるなど、広東省での事件を利用し暴動を扇動したと主張。「国外から扇動された計画的、組織的な暴力、犯罪だ」と非難している。


 相変わらずまともに報道しているのは産経だけ……。いつぞやの台湾統治についての偏向番組に対するNHKへの提訴についても、産経だけが一面トップでした。この国のマスメディアは本当に思想的に危険極まりない。そしてインテリ階級が全く警鐘を鳴らそうともしないどころか、朝日賛歌を繰り返しては、片棒を担いでいるわけで……。
 こういうのは、テレビだけの人はまずキャッチしない情報だろうし、ネットはネットでアンテナ低い人は見もしないし……。
 内容については、若干漢族よりの報道ですけれど、ウイグル人は日本人には想像もつかないような差別を、日常的に受けているうえに、向こうの政治もメディアも何もかも押さえているのは漢族ですからね。そういうことを考慮するとぞっとするね。

Posted at 2009/07/07(Tue) 10:24:28

政治・宗教・世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

またまた露骨な偏見記事が……

 先日の党首討論は、やや麻生が優勢か引き分け(どっちもどっち)だったと思うのですが……。いざ報道記事を読んでみると、マスコミは鳩山圧勝などと何が何やら、意味がわかりません。俺の頭がおかしくなってしまったのか、それとも記者やコメンテーターは目が節穴なのか、はたまた別の問題か。
「面倒だから実際の党首討論は見ない(でもワイドショーは見る)」
という主婦層は、こりゃさすがに騙されてしまうんじゃないかな……。酷いのになると、未だに『漢字の読み間違い』の問題を持ち出してくる(他に叩けるものがない、何よりの証拠でもあるけれど)始末ですし。ねぇ、これが先進国の報道なんですって……。

 しっかりした(難しい言葉で言うと文化的教養と充分な資産のある)社会的地位のある人と直接会って話しをしてみても、今の報道は「どうも首をひねる」そうです。「麻生は確かにバカだけれど、それでも報道は明らかに偏っている」とのこと。
 やっぱりわかる人が見ればおかしい、と気づくわけですよ。いや、誰でも気づかないと本当はおかしいんですけれど、日本人はあまりに騙されやすい……。

 それどころか、民主党が政権を取ったらどうなるか、についてほとんど見当たりません。外国人参政権や子育て支援金(どこから予算持ってくるの?)くらいですかね。
 とにかくろくに提示しないで、バカの一つ覚えみたいに「一度でも政権を、政権を」と繰り返すのは、何か取り返しのつかない法律か制度を成立させるためなんじゃないかと勘ぐってしまいます。
 鳩山氏は統一教会の教義みたいなこと言ってますし、おまけに社民党と連立構想なんて……。万が一にもアメリカと安保が切れたら、それだけでもう日本は空爆を受ける可能性が非常に高いわけですから。
 恐らく、数年中に北朝鮮によって戦争が引き起こされます。そうなったときに、非現実的な軍事放棄を掲げる政党に政権を握っていてもらっては、国民として大変困ります。
 どの政党が政権を握っても日本から戦争へ出向くことはまずあり得ませんが、(たとえば北朝鮮から)攻められたときにアメリカと協調するか、孤立無援で防衛するか、はたまた無血開城するかどうかはその時の政権次第です。

 せっかく地デジを導入するんだし、イタリアかどこかの国みたいに国営放送を3〜4チャンネル分作って、それぞれに明確な政治色で分けた方がいいんじゃないですかね。
「誰かが全く正反対の事を、正しいと言っている」状況が、日本の報道にももっと沢山あっていいと思うんですよ。
 日本は政治腐敗・報道腐敗・衆愚政治と、三拍子揃ってしまってますね。国民としてはこれからが思いやられます。

Posted at 2009/06/19(Fri) 11:51:51

政治・宗教・世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

友愛社会(笑)

民主党何血迷ってんのさ……。
岡田が代表だったらまだ面白かったのになぁ。

Posted at 2009/05/27(Wed) 19:18:03

政治・宗教・世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ