I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

自律訓練法の利点と問題点


眠りが浅い方で困っているのですが、眠りを深くするのに最近自律訓練法を使ってみました。

wikipedia;自律訓練法

 注意書きにもありますが『心臓、呼吸器、消化器、脳に疾患のある場合は、行なうべきではない』というのは厳守してください。

・その方法について
1.
「私は落ち着いている」
と頭で念じます。『落ち着いている』ではなく『リラックスしている』でもいいです。私の場合は『リラックス』という言葉がどうも落ち着かないので、『落ち着いている』という言葉を使っています。ご自身が落ち着ける言い廻しを選んでください。

2.
 次に手に意識を集中し
「手が重くなる」
 と念じてください。手が重くなったら次は――
「足が重くなる」
 と念じてください。
 感覚の鋭い手と違って足は少し難しいです。
 この時点でもう手足が動かせない状態になってしまうかと思います。身体はもう眠っている状態と同じような状態になっています。

3.
 ここからさらに深い催眠状態にするために
「手が温かい」
 と念じてください。手に温感を覚えたら次は――
「足が温かい」
 と念じてください。
 この状態になると脈が50を切るくらいまで下がってしまいます。平常の状態で40台の脈になる方は不整脈ですが、催眠状態ならあり得ます。
 ここから心拍、呼吸、お腹、額と続きはあるのですが、ここまでで充分です。

4.
 通常は消去動作で催眠状態をカットする必要がありますが、そのまま眠ってしまうのであれば必要ありません。
 翌朝目覚めたときにほとんど布団が乱れていないので、寝返りもほとんど打っていないものと思います。目覚めはパッチリ快適ですよ。

・問題点について
 この自己催眠ですが、慣れれば座っている状態でも、立っている状態でもできます。しかしながら既に緊張している状態であったり、リラックスできない環境である場合は、逆効果となります。
 私自身でも試してみました。その時はリラックスするどころか、脈が100越えました。
 あくまでリラックスできる環境とのセットです。
 意識して自律神経をコントロールできるということは、逆の現象ももちろんあるということです。マイナス思考の人は、無意識のうちに悪い方向へ自己暗示をかけてしまい、予期不安によりパニック障害と同じような状態に陥ってしまうのです。その状態を身体が覚えてしまうと、条件反射的にパニック状態が喚起される怖れもあります。
 緊張している時には、無理に緊張を抑え込むのではなく、緊張を受け入れる方が有益かと思います。緊張しているということは、注意力や身体能力が上昇するということでもあります。必ずしも悪いことばかりではないのですね。

Posted at 2015/04/21(Tue) 15:12:46

オカルト・心・科学 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

ストレッチは血圧降下に役立つか

 私は白衣症候群とやらで病院だと血圧が跳ね上がって130/80〜高いときで135/90くらいになってしまいます。
 自宅で計ると120/70くらいなのですが、もし通常の血圧を110くらいまで下げることができれば病院で上が10上がっても問題ない血圧となります。

 google検索をかけてみたところ、対策としては食事療法ばかり。私の食事は極めて健康的です。そば・納豆等を中心とした食事を昔から摂っており、調味料による味付けはほとんどしません。また、血液検査、生化学などの検査でもほぼ理想的な数字が出ているので、医学的にも不摂生によるものとは考えられません。
 理論上、従来からの説では血圧の上がりようがないのです。しかし原発性高血圧というのは実は上昇している原因は全く不明なため、しっかりした医療機関であっても健康的食事を勧めるしかないという、ややオカルトじみた治療法となっています。

 その中でヒットしたのが
外部リンク;高血圧下げる「福辻式」DVD
 このいかにもインチキ臭いサイト。
 要するにストレッチをすることで筋肉がやわらかくなり、血管への無駄な圧迫が緩和され、血管が拡張することにより血圧が下がるというお説です。

 なるほどそういえば、白衣症候群というのも要するに緊張でドーパミンが無駄に分泌され、心拍が増えるのみならず、筋肉も臨戦態勢となり堅くなることで複合的に血圧が上昇しているわけですから、もしかすると筋肉にも関係があるかもしれません。

 それでは自分自身で実験してみればいいのです。ストレッチの方法なんて独自のものはほとんどなく、限られています。別に1万5千円ほどのDVDを買わなくてもちょっと検索するだけで良さそうなのが見つかります。

 この二つのストレッチを1日1回10分間、合計3日間行い、30分の安静の後に血圧を測定してみました。

vital_1.jpg


ストレッチ前の数字はこちら……133/80。基準値ではあるものの、なんかちょっと高いですね。計り直せば127/75くらいまでは落ちたのですが、撮影したつもりで画像がないので……。

vital_2.jpg


3日目のストレッチ後の30分安静の後の数字はこちら……112/70

 これだけ下がれば安心です。112なんて数字は今まで見たことがありません。病気でもない限りは幼い頃から低くても116〜くらいなので。
 因みに3日目にストレッチを行った後に病院で計測したところ123/74でした。
緊張のせいか、待合室から動いたせいか少し上がりましたが問題ない数字ですね。

 健康診断の前だと血液検査(生化学)でCKという数字が上がってしまう可能性がありますが、激しい運動ではなく軽くほぐす程度のものなので問題なさそうです。
 ただ日頃全く運動をしない人だとCKが跳ね上がる場合もあるので注意してください。むしろ毎日の習慣としてやってる人なら引っ掛かることはないと思います。

 福辻さん、インチキ臭いとか言ってすみません。大変いいヒントとなりました。

 ただ、 高血圧にははっきりとした原因のわかっているものもありますし、明らかに食事が悪い場合もありますので、くれぐれも主治医の指示に従って……。
 そもそも高血圧治療であれば、軽い運動を奨められるはずなので、軽いストレッチを止める医者はいないと思いますが……。

--------
追記
ストレッチを継続し、計測日から2週間後に計測したところ――
家:106/67
病院:124/68
でした。体幹部分と足の付け根の柔らかさが関係あるような……?

Posted at 2013/09/10(Tue) 20:51:17

オカルト・心・科学 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

探査衛星はやぶさが大気圏で燃え尽きる動画

bbc;探査衛星はやぶさが大気圏で燃え尽きる様子

うーん、凄い・・・。胸がざわざわしてきます。

Posted at 2010/06/14(Mon) 01:20:29

オカルト・心・科学 | コメント(4) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

ツタンカーメンの死因ほど長いネタもないよなぁ

yahoo;ツタンカーメンはきょうだい婚の子=死因は骨折とマラリア−米医学誌
 TUTに関するこういう記事は何度目だろうか……。姉弟婚なのも、内反足なのもマラリア説も、何もかもが全部既出なんですよね。
 ピラミッドに記されているツタンカーメンの肖像は、どれも杖をついていて、障害者として生まれたことはかなり前から推測されていました。
 今までもCTスキャンは何度も行われていますし、それらの仮説を結論付けたというだけのことなんですわ。

 今回の説は、今までバラバラだった仮説を全部ひっくるめた感じです。何か一つが原因だったのではなく、全部原因だったのではないか、と。
 病死ということになっていますが、暗殺説についても、結局は完全否定できるほど強い証拠はありませんからね……。
 脆弱なファラオなんて国は必要としていませんし、とにかく、死んだ方が周囲にとってはありがたい存在だったことは確かかと思います。

Posted at 2010/02/17(Wed) 10:42:36

オカルト・心・科学 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

電位治療器(静電イオンマット)の効果は本物か

 医療的に既に効果は認められているのですが、実際に使って、確かめてみました。そりゃもうマニュアルの範囲とか無視して、フルパワーで9時間くらい当てっぱなしにしました。(笑)
 そのくらいやらないと、違いなんてわかりゃしないもんです。

ion.jpg


 ヴィップヒーラーとかいう機器がオークションで1,000円でしたので、落札。10年前当時は13万もするものですが、さすが高級品だけあって問題なく動作します。

 効果は確かにありました。特に脚が軽くてしょうがないです。疲労を取る効果は間違いなくあります。
 血行が良くなるのを確かに感じ取ることができて、どこかに“詰まっている”箇所があれば、それも実感できます。“詰まり”が取れると本格的に楽になります。
 高血圧にも効果があるそうですが、こちらはまだはっきりとわかりません(ストレスなどで元々変動が大きめなので)

副作用はないの?
 個人的に、性欲減退(何故か電位治療器を使った日は感度が悪くなるみたいで)を感じました。他の人が同様に感じるかどうかはわかりません。
 そりゃまぁ高圧線と同じ原理で、人体に電波ガンガン当ててるわけですから、繊細な器官である性器に何らかの障害が出るのもおかしいことではありません。
 感覚がなくなる=全く勃起しなくなるので、セックスが不可能になります。電位治療器をしばらく使わなければ回復します。使うと、全然役に立たなくなります。
 多分出力の問題でしょうけれど、これは重要事項かな、と。
 逆に勃起障害にも効果がある! と謳っている医院も検索したら出てきましたけれど、効果がある分だけ毒にもなるのかもしれません。

 定番の手足のしびれも感じました。好転反応と称されているものですね。
 使いはじめのうちは動くのがだるく、家事なんてとても出来ない状態に。日常生活が困難になります。休日を挟まないと苦しいですね。

 それから、マイナスイオンが生成するついでにオゾンが生成されてしまいますが、このオゾンは猛毒ですので、これによる副作用も想定されます。
 オゾン臭もすぐに感じ取ることができました。高出力なだけあって、オゾンの消臭効果もかなり強力でした。それはそれで利点ともなりますけれども……。

Posted at 2009/07/21(Tue) 13:30:44

オカルト・心・科学 | コメント(2) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

東京でセミが鳴いていない

 各地でセミが鳴き始めているそうですが、東京ではまだ見掛けません。
 気温は充分だと思うのですけれど、これっておかしくないですかね……。セミにも地震予知能力は備わっているそうなので、もしかして大地震の予兆とか……。
 因みにセミは幼虫のまま脱皮ができない状態で死んでいるそうなので、他の原因かもしれませんけど。
 しかも、普段ならコンビニの窓に大量に張り付いている虫も見掛けません。どういうことでしょう……。温暖化の影響もありそうですけれど。


 四川省での地震の後に関東で大地震が起こる傾向にあるようなので、8月は本当に大震災の可能性が高いそうです。

Posted at 2008/07/26(Sat) 11:11:22

オカルト・心・科学 | コメント(1) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

運と偶然とは別物か

先週ジョナサン・ケイナーの星占いで自分の星座予報を見ていたら

宝くじに当たることが幸運の証だと考えないでください。宝くじの当選については、幸運というよりは「行き当たりばったりの偶然」がものを言います。

 こんなことが書かれていてびっくりしました。

 普通の人は、運を偶然の結果だと考えます。
 努力の結果を幸運の結果と呼ぶ人はいないでしょう。他人の功績について、もし敢えて口にするならば、それは中傷となってしまいます。

 運といえばラッキー。ラッキーといえばラッキーマン。ラッキーマンといえば偶然落ちていたお金を拾って、敵の攻撃を避け、しかも打撃まで与えるのがお約束ですが、そんな偶然は幸運とは異質なものだということでしょうか。

 しかし現実は、ジョナサンの言う通りです。
 宝くじに当選したことが、その人の運命を大きく変えてしまうことはあります。しかし、その人の運命が宝くじの結果を左右するとは到底思えません。
 ある人の幸運と、宝くじの結果は全く別物です。ある人の幸運のために宝くじの結果が変わるわけではありません。それぞれ全く関係のない事象同士を繋ぐことは、原義通りのオカルトでしかありません。

 以前、このブログで曾野綾子『人びとの中の私』中から「ついてない若者たち」というエッセイを採り上げました。
「ツいてない」という科白
 要点を引用します。

 本当に『ついてない』という状況は、滅多に起きない鉄道事故でたまたま事故車両に乗っていたとか、高速道路から車が降ってきたとか、本人の力や判断ではどうすることもできないことをいうそうな。先の尼崎での脱線事故などが思い浮かぶが、確かにあそこに乗り合わせた人達には何んの落ち度もない。
 『運命には変えられる部分と、変えられない部分がある』――予測と努力でどうにかなることと、ならないことがある。『必要な努力をしないで、全てを運のせいに』する人がいれば、完全な努力と予測とをしていても、運だけが悪い人もいる。


意訳 
 ジョナサン:運と偶然とは別物だよ、マジで
 曾野綾子 :当然の結果を運のせいにするなよボユゲ

 曾野綾子の言葉とジョナサンのアドバイスを統合すると
『運は努力で切り開け』
 ――とでもなるでしょうか。

 ついでに曾野綾子のエッセイを見返してみましたけど、この人は本当に慧眼だな。最高に性格悪いけど。
 でもその性格の悪さが、なんとも励まされたり、癒されたりするのですよね。

Posted at 2008/02/04(Mon) 11:58:06

オカルト・心・科学 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ