I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

ロシアで自らを「神」と自称する19歳の青年が銃乱射。少なくとも9人が死亡

kazan_shooter.jpg


RT;「僕は神のようだ」――カザンの学校で9人の犠牲者が出た後、プーチン大統領は銃規制の調査を命じた
 ロシアのカザン市で、学校が襲撃され、少なくとも9人が死亡、10数人が負傷した事件で、10代の若者が治安部隊に拘束されました。
同国のメディアは、容疑者を19歳のイルナズ・ガリャビエフとし、火曜日の朝に襲撃された第175学校の元生徒であることを明らかにしました。彼はその後、近くのTISBI経営大学に進学していましたが、同大学の広報担当者がモスクワのRBCに語ったところによると、彼は学業に遅れをとって退学になったとのことです。

 この関係者は記者団に対し次のように語った。
「ガリャビエフは在学中は、静かで擦れていない学生であることを示していた。彼はいつもきちんとしていて、落ち着いていて、仲間の学生や教師に敬意を払っていました」
 この10代の若者は、1月から授業に出なくなり、家庭教師とも連絡が取れなくなっていたようだ。
「彼は産業体験プロジェクトを守るために現れず、3つの国家試験を受けることもなく、その結果、彼は退学処分となった」と広報担当者は付け加えた。

 先週、ガリャビエフはテレグラムサービスにチャンネルを開設し、《神》からのメッセージを発信したと伝えられています。先週木曜日に書き込まれた一連のコメントの中で、このアカウントは「私は神のようだ」と発表しました。

 このアカウントは、世界の人々は自分の「奴隷」であり、お互いに殺し合ってから最終的には自分自身を殺すべきだと述べています。さらに、世界に生物を残すべきではないとし、生命は "宇宙の過ち "であるとしています。

 殺害前には、「大勢の人を殺してから自分の命を終わらせる」と書いていたとされる。このチャンネルに投稿された写真には、警察に拘束された人物に似た男性が、コンバットベストのようなものを着て、ロシア語で「Бог=ボグ(神)」と刺繍された顔隠しをしながら自撮りしている様子が写っています。

 目撃者によると、学校から爆発音と銃声が聞こえ、生徒たちが外のグラウンドで怪我の手当てを受けている様子や、窓から外に出て銃撃から逃れている映像が流れています。

 ニュースサイト「Baza」は、ガリャビエフさんの父親の言葉を引用して、息子は「無宗教であり、悪い考えや思想を表明したり示したりしたことはない」と述べています。

 カザンのあるロシアのイスラム教徒が多いタタールスタン州の大統領、ルスタム・ミニハノフ氏は、ガリャビエフ氏は銃の所有者として登録されていたと述べている。

 クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、火曜日の記者会見で、プーチン大統領が銃規制法の緊急見直しを開始するよう指示したと述べた。
 ペスコフ報道官は、ロシアのプーチン大統領が銃規制法の緊急見直しを指示したことを明らかにした。
「狩猟用武器として登録されている小火器が、国によってはアサルトライフルなどと定義されていることがある。これも、ロシア軍が早急に解決するだろう」


 これは、あくまでロシアの英語サイトからの翻訳ですので、ロシア語サイトから翻訳してみます。

Kommersant;カザン・シューターについての情報

"Kommersant"紙 2021年5月11日 12:46より
 カザンの学校ギムナジウム175番館が襲撃され、8人が犠牲になった事件で、19歳のイルナズ・ガリャビエフが拘束されました。公的な情報源から彼について知られていることを、Kommersantの記事で見てみましょう。

 ガリャビエフ・イルネズ・レナトヴィッチは2001年9月11日にカザンで生まれました。2018年にはギムナジウム175を卒業し、その後、銃撃戦に突入しました。直近では、ITスペシャリストとしてTISBI大学の4年生に在籍していました。この情報は、教育機関がオープンメディアに確認したものです。しかし、2021年4月に学業上の負債を理由に退学処分となったと、TISBIの広報担当者がRBCに伝えた。

「勉強中、彼は静かで争いごとのない学生であることを示していた。いつもきちんとしていて、落ち着いていて、クラスメートや先生に敬意を持って接していました。12月以降、イルナズは教育実習や産業実習に出ていたし、1月からは大学にも顔を出さず、グループのキュレーターとの連絡も途絶えていた。彼はインターンシップの防衛と3つの国家試験に現れず、その結果、彼は退学処分となった」と広報担当者は付け加えた。

 TVチャンネルBazaは、犯人の父親の言葉を引用して、「息子は宗教には属しておらず、悪い考えや態度を表明したり示したりしていない」と述べています。

 ソーシャルネットワーク「VKontakte【フコンタクテ、ロシア最大のSNS】」のページには、イルナズ・ガリャビエフの名前で登録されており、最後のエントリは2020年9月13日付で「神は言った。"あなたを怒らせた人の涙を恐れなさい。彼は私に助けを求めるだろうし、私も助けるから!」
 ユーザーは7つのグループに加入しています。"Kazan|Kazan. Where to go?", "Enter Kazan", "BAGOSES", "Leonardo Dyvinchik", "GGSEL.COM", "Aesthetics", "Evil Corporation"などがあります。

 同校への攻撃に先立ち、犯人は「Бог【神】」というテレグラム・チャンネルを立ち上げ、その中で計画を予告していました。
 彼は自分のことを神と呼び、人間の姿で現れて「お前たちを排除する」と言ったとされています。
 人間の存在を、彼は「宇宙の過ち」と呼んだ。5月11日の朝「今日は大量の生廃棄物を殺して自分を撃つ」という言葉とともに、マスクとベストを着た自分の写真を載せた投稿をしました。

 テレグラムチャンネル「112」によると、ガリャビエフが学校で勉強していたとき、先生たちは彼の悪口を言っていたそうです。この青年は、勉強ができるわけでも、行動ができるわけでもありませんでした。

 テロの現場を訪れたタタールスタン共和国のルスタム・ミニハノフ大統領は、イルナズ・ガリャビエフが正式に武器の所有者として登録されていることを確認した。その後、州議会のアレクサンダー・ヒンシュタイン副議長がTVチャンネル「360」に確認したところによると、ガリャビエフは4月28日に武器のライセンスを取得したという。



 尚、捕らえられた青年の動画も出回っていますが、口汚く罵り続けています。無編集のものは、BAZAのテレグラムで見られます。
「2ヶ月前には気づかなかった。俺はみんなを憎み始めた。いつも憎んでいたのに」
「僕は子供じゃない。親もいない。理解してくれない。大嫌いだ」

Posted at 2021/05/12(Wed) 04:51:19

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

COVIDの権威、ピーター・マカロー氏が警告する「COVIDワクチン注射」による大量死


※【】内は訳註


 COVID【ウイルス】の権威、ピーター・マカロー氏が警告する「COVID【ワクチン】注射」による大量死
 New American誌のシニアエディター、アレックス・ニューマンとのインタビューの中で、国際的に著名なピーター・マカロー医師は、これらのトピックに関して国立医学図書館で最も多く引用されている医師であり、COVID注射がすでに記録されている数千人の死亡と数万人の入院を引き起こしていると警告しました。
 そして、それは氷山の一角に過ぎないと警告しています。通常であれば、VARES【ワクチン有害事象報告システム】に報告された50件の死亡事例があれば、その医薬品は直ちに市場から取り除かれることになる。
 COVID注射の場合、すでに数千件の報告がなされているにもかかわらず、大量のワクチン接種計画が推し進められているのである。また、COVIDの治療プロトコルを開発し、世界的に高い評価を得ている医学博士のマッカロー氏は、政府の様々なレベルでの政策決定の結果、多くの不必要な死が発生していることを強調しています。

 これらが本来医者がとるべき普通の対応です。
 データを採ってNGなら認可を取り消す……当然のことなのですが、COVIDワクチンの推進派はもはや感情論だけになっています。

Posted at 2021/05/10(Mon) 12:07:06

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

マイク・リンデル vs ジミー・キンメル 日本語訳

 マイク・リンデル氏が極左のジミー・キンメルの番組で侮辱されたという内容です。自伝の「What are odds?」に関してはあらすじ作成中です。もうしばしのお待ちを。

100percentfedup;マイク・リンデルは、レイトナイトでいじめられっ子のジミー・キンメルに、信仰や過去の薬物中毒を馬鹿にされ、大型店が彼の製品を売ることを笑われながらも、アメリカで愛される理由を証明しました

著者:Patty McMurray|2021年4月29日
 マイ・ピローマイ・ストアのCEOであるマイク・リンデルは、アメリカのサクセス・ストーリーの体現者です。
 マイクは著書「What Are The Odds?」の中で、アルコール依存症、コカイン、クラック・コカインの常習者から、大成功を収めたMy Pillow社のCEOになるまでの、信じられないような実話を無編集で綴っています。
 神の助けを得て、マイクは依存症による失敗を、アメリカでの驚くべきサクセスストーリーに変えたのです。
 多くの人が乗り越えられないと思っていた困難を克服したマイクの物語は、イエス・キリストに人生を委ねることの力を如実に物語っている。彼は多くの人にとってのヒーローであり、その中には薬物やアルコールの依存症に苦しむ人々も含まれている。
 先週、マイク・リンデルは、極左の司会者ジミー・キンメルの「ジミー・キンメル・ライブ」に出演することに同意しました。キンメルは、自分と同じ考えを持たない人への軽蔑を、彼らを嘲笑することで覆い隠し、それを『ユーモア』と偽っています。

 昨晩、キンメルの番組に出演する前に、マイクの友人や従業員が彼のために祈っていました。リンデル・リカバリー・ネットワークのエグゼクティブ・ディレクターは、マイクのために祈りを捧げるというメモを送りました。

 彼女のメモの一部をご紹介します。

本当に、ジミーが今夜何を企んでいるのかは誰にもわかりませんが、マイクはこのチャンスをシンプルに捉えています。神様が素晴らしい扉を開いてくださったのです。私たちの願いは、この出演によってマイクが多くの人に伝わり、彼の言葉が人々を感動させ、鼓舞することです。
 神はマイク・リンデルに、アメリカ人や常習者たちに真実と大胆さと自由をもたらす素晴らしい召命を与えてくださいました。私たちは、現在の文化が主から遠く離れていることを知っています。

「災いなるかな、悪を善と呼び、善を悪と呼ぶ者、闇を光と呼び、光を闇と呼ぶ者、苦を甘と呼び、甘を苦と呼ぶ者」――イザヤ書5章20節

 ですから、悪魔の干渉、混乱、意地悪に対して祈り、主の御手が今夜マイクの上にあるように祈りましょう。私たちはマイクのために隙間に立って、主が彼に力、知恵、識別力、大胆さを与えてくださるように祈ります 。

 それがあなたのすべての栄光のためになりますように。マイク・リンデルと、彼の前に設定されている試練に感謝します。
 リンデル氏を紹介する前に、キンメル氏はリンデル氏を狂った陰謀論者のように見せるために作成した、短い映像を流しました。
「我が国の長い歴史の中で、大統領が選挙結果に不満を持ったために、大統領執務室に呼ばれた枕のセールスマンは一人しかいません。リンデル氏は、主を恐れる心を持っていて、ステージに上がる前に司会者がリンデル氏に恥をかかせようとするのを無視した。
 その手には、「What Are The Odds?」という本を持っていた。

「ワクチンの接種は受けたのかい?」
  とキンメルが尋ねた。とキンメルが尋ねると、マイクは微笑みながら「いいえ、受けていません」と答えた。
 キンメルはすぐに「狂犬病のことだよ」と言い直した。

 何だこれは?

 ここでもマイクはキンメルを無視して、自分の本のコピーを差し出した。キンメルは「もう読んだよ」と言った。マイクは本の中で、自分の困難な人生と、それがどのようにしてリンデル・リカバリー・ネットワークを通じて依存症の人々を助けることができるようになったのかを語っていると説明した。
 キンメルは、マイク・リンデルの慈善心など気にも留めず、マイク・リンデルの薬物中毒に関する本を、ジョー・バイデンの薬物中毒の息子であるハンターが最近出版した本と比較して、最初の侮辱に飛びついたのだ。
 マイクは、ハンター・バイデンと比較されたことに憤慨することはなく、ハンターを馬鹿にせず思いやりを持って接した。その代わりに、ハンターが著書の中で述べているパラノイアは、薬物中毒者に共通するテーマであると説明したのです。

 キンメルはマイクのパラノイア発言に飛びつき、2020年11月の選挙で不正選挙を暴くために戦っているために受けた複数の脅迫(死の脅迫を含む)のために故郷のミネソタを離れている彼をあざ笑った。

 キンメルは、マイクが直面した困難な課題のすべてについて簡単なあらすじを説明した後、マイクに「何か見逃していませんか?"2009年1月16日、神の恵みにより、すべての依存症から解放されたんだ」と。キンメルは彼を無視した。

 リンデル氏は、自分が依存症にかかっていた時間のせいで、多くの時事問題を見逃していたと説明した。ようやく回復して人生を取り戻したとき、マイクは共和党と民主党の違いがわからなかったし、フィリバスター【議事妨害】が何であるかも知らなかったと説明した。キンメルは、彼が何を言っているのかわからないと多くの人がまだ信じていることを伝え、残酷に彼をあざけりました。
 次にキンメルは、アメリカにおける不正選挙の真実を明らかにするために戦っている彼を嘲笑し、「彼の言っていることに正当性があるとは思えない」とマイクに言いました。キンメルはさらに一歩進んで、リンデルに「多くの人が彼を笑っている」と言いました。
 キンメルは、有権者の誠実さに関するマイクの発言と、1月6日の米国連邦議会議事堂での事件との間に「線引き」ができると信じているから、笑っていないのだと説明しました。
キンメル氏は何度も何度も、マイクとその依存症を馬鹿にし、信仰について話そうとするマイクを黙らせ、マイクを嘘つき呼ばわりし、彼が狂っていることを証明しようとしました。

 ある時、キンメルはマイクがどれだけのお金を持っているのか分からないと言い、リンデル氏は「すべてを慈善事業に寄付している」と答えた。
 キンメル氏は彼を完全に無視して、もしかしたら信仰は彼の回復とは何の関係もなく、ただの偶然かもしれないと彼を説得しようと動き出しました。
 キンメルは何度もリンデルを嘲って「君のことが心配なんだ」と言いながら、マイクが悪い状況に身を置き続けていることを示唆しました。
「クラックか何かの影響で、上の方で何かが起こっている」
 とキンメルは彼は頭の周りで手を回しながら、まるで頭のおかしい人のように言った。

 奇妙としか言いようがないのは、血まみれの包帯を頭に巻き、松葉杖をついたマイク・リンデルの物まね芸人がステージに上がり、マイクを怒鳴りつけたり、手に持った枕でマイクをあざ笑ったりしながら、枕投げに挑戦したことだ。その間、ジミー・キンメルは嗤っていた。
 彼は最後に「俺が知っているのは、マイ・ピローが店で売られなくなったということだけだ!」と視聴者に伝えて、不快な映像を終えた。キンメルは最後にマイクをあざ笑ってから、勇敢で神を畏れる愛国者、マイク・リンデルへのインタビューを終えた。

 インタビューの様子はこちらからご覧いただけます。

 マイク・リンデルへの支援方法はこちらです【リンデル氏はは議員立候補を検討しており、アメリカ国外からの寄付はNGですが、商品を購入する分にはOKです】
 マイク・リンデルによると、選挙の公正さを求める彼の戦いのためにボイコットした大型店舗から、6,800万ドル以上の売上を失ったそうです。
 もしあなたがマイクを助けたいと思うなら、彼の製品を1つまたは複数購入することを検討してください。また、すでに彼の商品をすべてお持ちの方は、友人にプレゼントしたり、彼の枕やタオル、シーツなどをホームレスシェルターに寄付したりしてみてはいかがでしょうか。私はマイ・ピローのスリッパを持っていますが、今まで履いたスリッパの中で一番快適です。

 MyPillow.comにアクセスし、チェックアウト時に「Fed Up」コードを入力すると、My Pillow製品が最大66%割引になります。 また、Amazonに対抗するマイク・リンデルのMy Storeでは、さらに商品の割引を受けることができます。MyStore.comにアクセスし、チェックアウト時に「Fed Up」コードを入力すると、さらにお得になります。

 マイ・ピローやマイ・ストアでのお買い物に「Fed Up」コードをご利用いただくと、100 Percent Fed Up【翻訳元のサイト】の、主流メディアが伝えない真実を届る活動を支援することにもなります。

Posted at 2021/05/08(Sat) 04:22:35

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

ノーベル医学賞候補スコリオ医師「おそらく死因はメガワクチンによるもので、特定されていないウイルスによるものではないと思われます」

Ingannati;ワクチンによる死亡例? そしてベルガモでも……

2021年4月27日
 スコリオ医師:「アストラゼネカは血栓症の原因になるという理由で撤退しましたが、ベルガモ【イタリアロンバルティア州の中部にある都市】とブレシア【イタリアロンバルティア州の都市】では肺血栓塞栓症で死者が出ています。イタリアで最もワクチン接種率の高かった2つの都市です。

「おそらく死因はメガワクチンによるもので、特定されていないウイルス【COVID-19】によるものではないと思われます」

 スコリオ医師(2018年ノーベル医学賞候補)は、多くの人が思っていても口に出す勇気がないことを、データを取り、手がかりを得て、詳しく説明しています。

 ブレシアとベルガモでの死亡事故は、恐怖心を煽り、すべてを閉鎖するために利用され、「ファンタ・パンデミック」という喜劇が始まったのである。

Academiaより

ステファノ・スコグリオ
トロント大学(政治学) 卒業生|Giurisprudenza Trust+5
 哲学から医学、政治学から栄養学まで、さまざまな分野に興味を持つ私は、シアノバクテリアやバクテリア、菌類などの原始的な生物が人間の健康の秘密を握っていると確信し、「原始的栄養療法」と定義する研究に力を注いできました。
 私は、特にイタリアで様々な研究センターをコーディネートし、主に米国オレゴン州アッパークラマス湖の「Aphanizomenon flos aquae」シアノバクテリアの研究に注力してきました。このシアノバクテリアから、AFA-フィコシアニン、フェニルエチルアミンやクルクミンとの相乗効果、プロバイオティクス細菌の成長と活性など、重要な栄養補助分子を発見し、特許を取得しました。また、プロバイオティクスや酵素の科学にも興味がありますし、長年、微細藻類に注目してきたことから、シアノバクテリアの毒性の問題も研究しています。様々な臨床分野における「Aphanizomeon flos aquae」抽出物の役割に関する研究で、2018年、私は正式にノーベル医学賞にノミネートされました。

wikipediaより

肺血栓塞栓症(はいけっせんそくせんしょう、英語: Pulmonary thromboembolism; PTE)は身体の血流によって体内から運ばれてきた血栓が栓子となって肺動脈が閉塞すること(塞栓)である。血栓以外の物質が栓子となった場合も含めて、肺塞栓症(英語: Pulmonary embolism; PE)という。

肺塞栓症のほとんどは脚にあった血栓が肺に移動することによっておこる肺血栓塞栓症である。血栓のリスクは、がん、長期安静、喫煙、脳梗塞、特定の遺伝的要因、妊娠、肥満、数タイプの手術によって増加する。肺塞栓症の稀なケースには空気塞栓、脂肪塞栓、羊水塞栓が要因の場合がある。

深部静脈血栓症(英語: Deep vein thrombosis; DVT)と肺血栓塞栓症をまとめて静脈血栓塞栓症という。

Posted at 2021/04/28(Wed) 18:44:59

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

ロシアで覆面をした治安部隊が特殊作戦を実行

ru_masked_sec_guard.jpg

 世界中でキナ臭い事件が起きています。ロシアじゃ日常な気もしますが……。

 4月27日の深夜、《クラスノレッセ》・ショッピングセンター前の駐車場で特殊作戦が行われました。覆面をした警察の治安部隊が数人を拘束しました。

 警察はコメントを控えている。

 映像から判断して、場所は恐らくこの附近(ピンを立てた場所は施設の都合でズレてますが)

E1.RU;エカテリンブルクのアカデミチェスキー・ショッピングセンターの駐車場での乱暴な拘束がビデオ撮影される

 4月27日深夜、「アカデミチェスキー」ショッピングセンターの向かい側の駐車場で、特殊作戦が行われた。目撃者がE1.RUに語ったところによると、覆面をした治安部隊が数人を拘束したとのことです。

・警察は何者かを厳しく拘束しました。彼らはミニバスのそばで全員の顔を地面に押しつけていた」とE1.RUの読者は語った。

Posted at 2021/04/28(Wed) 17:50:43

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

ファイザー社のワクチンが神経変性疾患を引き起こすことが確認される-研究結果

National File;レポート:ファイザー社のワクチンが神経変性疾患を引き起こすことが確認される-研究結果

ファイザー社のワクチンがアルツハイマー病などを引き起こす可能性があることが新たな報告で判明
ナサニエル・リンダーマン著 2021年4月22日

 「ワクチンのRNA配列およびスパイクタンパク質の標的相互作用について、細胞内のRNA結合タンパク質であるTDP-43およびFUS(Fused in Sarcoma)を病的なプリオン構造に変化させる可能性があるかどうかを分析した」と説明しています。
 アルツペディアによると、TDP-43は、認知症やALS、さらにはアルツハイマー病を引き起こすことが知られているタンパク質です。同様に、FUSタンパク質は、ALSや遺伝性本態性振戦の原因となることが知られている(ヒトゲノムデータベースより)。

 報告書のために行われた実験は、この2つの有害なタンパク質が、mRNAワクチンが期待されるように、私たちのDNAに埋め込まれるかどうかを調べるものでした。
 その結果「ワクチンRNAには、TDP-43とFUSが病的なプリオン確認のために折りたたまれるよう誘導する可能性のある特定の配列がある」と判断されました。
 つまり、この2つのタンパク質は、私たちのDNAに埋め込まれて有害な神経疾患を引き起こす可能性があるということです。

 報告書の要旨は「同封の所見に加えて、さらなる潜在的なリスクがあることから、著者は、SARS-CoV-2用のRNAベースのワクチンの規制当局による承認は時期尚早であり、このワクチンは利益よりもはるかに多くの害をもたらす可能性があると確信している」
 と結論づけている。報告書自体はこのような警告で締めくくられています。
「ワクチンは生物兵器となり、元の感染症よりもさらに危険なものとなる可能性がある」

 ナショナル・ファイル紙では、このような疑惑があるにもかかわらず、なぜファイザー社のワクチンがまだ配布されているのか、CDCに問い合わせてみました。この記事を掲載する前に回答はありませんでした。

報告書のpdfはこちら

Posted at 2021/04/26(Mon) 12:12:57

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

ロシアニュース;クソ・ガーディアンとは

Baza;https://t.me/bazabazon/6621

shitguard00.jpg

「クソ・ガーディアン」とは、客観的に見て悪いもの、有害なもの、馬鹿げたものを擁護する人のことです。

  楽しく読めるのは、ペトロザボーツクの「クソ・ガーディアン」に関するイリヤ・バルラモフの投稿をテキスト分析したものです。商売人が家に看板をかけることを禁止した市の代議士会に対して訴訟を起こした団体を、ブログの管理人は「クソ・ガーディアン」と呼びました。HOA(Lenina 18B)の会長が直々に受けました。

 彼はバルラモフを訴え、HOAに200万ルーブルを支払うこと(そして出版物の削除)を要求しました。この「クソ・ガーディアン」という言葉が、組織の評判を落としたと言われています。

 ヒューマン・ライツ・ウォッチの弁護士であるセルゲイ・バダムシン氏が調査のためにテキストを提出しました。専門家は、この攻撃的な言葉を詳細に分析した。
「『クソ・ガーディアン』という言葉は確かに否定的であるが、評価という形で表現されている以上、そこに込められた情報が真実であるかどうかを確認することはできない」
 と結論づけた。裁判所は、この研究を事件簿に加え、判決を下す際に考慮することを約束した。

 クソガーディアンではなく『ディフェンダー』だ。

 じゃあ何がクソかというと、こういうことです。
 記事にあるバルラモフ氏のブログhttps://varlamov.ru/4069405.htmlより

shitguard01.jpg

shitgurd04.jpg

 まるで楽天のサイトのようにちゃごちゃしていた看板が一掃されていますね。この看板がクソと呼ばれているわけです。確かにこれは景観を損ねているし、クソですね。
 はじめ記事を見たときには、看板くらいいいじゃないかと思いましたが、写真を見てみると、「クソ・ガーディアン」呼びにも納得がいきます。物事には限度というか程度の問題がありますが、この看板は一線を越えているように見えますね。

Posted at 2021/04/24(Sat) 03:52:47

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ