I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

日本がTPP参加した場合……

 ちょっと私の生活や仕事にも関係があるので、その周辺についてのみ軽くメモ……。最近は創作物で収入を戴く機会が多く、それもようやく軌道に乗ってきたところなのでちょっと戦々恐々としてます。

1.国民皆保険は廃止
2.薬のシステムが大幅に変わる
3.出版物等、著作物の著作権が買い取り制へ
4.著作権違反が非申告制に
5.レーティングが海外準処に

 1.首相は皆保険は維持すると言っていますが、TPP条約は国内法よりも優先されるので例外は認められません。医療費がかさむのは痛いですね。

 2.薬事法もがTPP基準となって、海外の安い薬が押し寄せてきます。厳しい制約のために開発費のかさむ日本の製薬業界にはとても太刀打ちできません。今まで苦労して国内承認を得たお薬も皆んなパーに。治験バイトって結構美味しかったんですけど、TPP参加で激減します。
 高い国内の薬なんて使わないで、海外の安い薬を使えばいいんですから。

 3.現在の日本では著作物の権利は出版社と作者の両方で持ち合っています。ですが、TPP参加によりアメリカ等と同じように出版社が作者から買い取る形になります。
 最近、amazonが電子書籍化けの全権利を出版社へ要求して出版社が反発した事例がありました。これは日本の現在の著作権法では作者とも個別交渉が必要で、まず不可能です。ですが、TPP参加で国内法よりも条約が優先されますので、出版社とamazonの契約のみで著作権を譲渡することが可能となります。

4.現在、違法アップ|ダウンロードが蔓延していますが、著作権法は親告罪のため、作者が訴えない限りは罪になりません。しかし、TPP参加により著作権についての条項が国内法よりも条約が優先されるため、非親告罪となり、著作者による警告なしで取り締まり可能となります。
 また、二次創作は特別に許可されていない限り、全て御法度となります。コミケなどは版権購入という形に持っていくかもしれませんが、現在のグレーゾーンのように好き勝手できるわけではありません。版権を許可するというのは公式で許可を出すということであり、内容には制約が伴います。中には全く許可を出さない出版社も出てくるでしょう。

5.コンテンツ産業においても自由化に伴う基準の統一が必要とされており、著作物のレーティングについても条約に盛り込まれるでしょう。
 ジブリの『となりのトトロ』が北米版ではお風呂のシーンが丸々カットされていたり、『ポケットモンスター』のセクシーな衣装が塗りつぶされているのは有名ですが、TPPに参加するというのは日本もそれに準処しますということです。
 TPP条約に番組製作・放送の自由化も求められていた場合、テレビ番組の基準もTPP基準となります。海外のテレビ放送基準は日本のように甘くありません。現状の深夜アニメは全滅ですね。今の仕事になってから結構楽しみにしてるんですけれど……。

 大抵の人が『何をまさか』と言うのですけれど、国内法とTPP条約が相反した場合は、TPP条約が優先され、国内法は無効または改正させられるという、厳しい条約となっています。
 国家の法律よりも条約を優先するというのは、単なるグローバリズムというよりも、合衆国日本州となる感じですね。巨大な環太平洋合衆国を作っておいて、リーマンショック以降の経済の建て直しと、対中国経済・これから起こる中国のバブル崩壊に対処しようということかと思います。

 しかし、海外の安い労働力・安い通貨との勝負となりますので、大企業は工場を海外移転します。円高なので日本国内で作るメリットは全くありません。どっちみち関税がかからないのですから、海外で全て生産して日本へ送る形になるでしょう。日本の内需によって発生したお金は海外の労働者へ流れることになります。
 当然ながら日本の末端の労働者は要らないです。失業者が大幅に増えます。増大した生活保護費で社会保障が破綻。失業者が増えるため厚生年金も入らなくなり現在の年金制が維持できるのかどうか不明瞭です。

 日本の円高がこのままの場合、海外に拠点を持っている企業だけがTPP参加によりアホみたいに儲かります。
 富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなるのがTPPです。

Posted at 2011/11/16(Wed) 04:36:58

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

今こそ二輪の免許制度を見直すべき時

 原付の税制が赤字だそうです。
産経web;原付きナンバー廃止を打診 総務省 ひったくり増加の恐れも

ミニバイクなどの原動機付き自転車のナンバープレートについて、総務省が昨年、軽自動車税の課税と合わせて廃止する可能性があることを警察庁に伝えていたことが7日、分かった。徴税コストが高く、赤字になっている自治体が多いことが理由だ。警察庁は「治安に重大な影響を及ぼす」と反発。今年度の政府税制調査会への改正要望には盛り込まれなかったが、赤字事業の行方をめぐって、今後も議論が続きそうだ。

 赤字の場合、対策は『増税』or『削減』の二択しかありません。そして最も有効な削減法がナンバー廃止。しかし、ナンバーなんて廃止した日には、ひったくりから殺人まで犯罪天国になってしまうでしょうね。
 なら簡単、増税してしまえば済むことです。ただしそのまま増税すれば反発が起きるのは当然のこと。二輪の免許制度を改革して、増税する代わりに利用者側が大きなメリットを得られるようにすればいいのです。

1.原付免許を要実技試験とし、50ccクラスの制限を廃止し、90ccまで運転できるようにし、その替わり黒字になるように増税する。
2.現在の小型二輪免許で〜250ccまで運転できるようにする。
3.現在の普通二輪免許で〜750ccまで運転できるようにする。
4.現在の大型二輪免許所持者の利益のために、400cc以上の二輪にかかる税金を減税する。
5.既に原付免許・普通自動車免許を所持する者の既得権を保護するため、『原付は50ccまでに限る』などの限定免許を用意する。
6.学科試験をもう少し簡単にして、学科試験のみで『自転車免許』を発行する。

 1についてですが、4stの90cc(実際は75〜85cc程度です)なんて、2stの50ccと馬力そのものに大した違いはありません。2st原付が作られなくなった今となっては90ccまでを原付としてもほとんど現在の状況と変わらないでしょう。
 そして、実技試験を通っていて、さらに交通の流れに乗ることができる排気量が得られるので、交通の障害・事故の原因となっている30km/h制限と二段階右折を廃止することも可能です。

 そもそも二輪という難しい乗り物で、実技試験が存在しないことが、今まで異常だったのです。

 2についてですが、運転免許試験場で難しい二輪試験を合格した人であれば、自動車道に入ってもほとんど問題ないかと思います。現在はビグスクや150ccスクーターが多いですし。AT限定であれば取り回しそのものは大差ありません。
 ただし、新しい免許制度に変更するに当たっては、125cc未満限定免許を用意して、ビグスクによる限定解除の試験は必要でしょうね。

 3について。250ccと750ccでは大違いですが、400ccと750ccであれば、そこまで取り回しは変わりませんので、大丈夫でしょう。ただし、ナナハンに乗りたくて苦労して大型免許を取った人達からは大ブーイングでしょうけれども・・・

 その替わり、4で高い大型バイク維持費を緩和するために、減税措置を行えば、現在の大型乗りも賛成してくれると思うのですよね。どうせ大型乗るならリッターバイクという時代になりましたし。

 5はちょっと厄介ですが、ピザ屋新聞屋チョイノリ通勤バイクの保護ですね。この人達は単純に増税されることになるので、怒るかもしれません……。
 しかしこういった人達が赤字の元凶である以上は増税せざるを得ません。
 いっそのこと運転経験を加味して、そのまま90ccまで乗れるようにするなどの措置があってもいいかもしれません。荷物満載のカブやメイトを振り回せる人であれば、ぶっちゃけ大型のコーナリングも楽にできるくらいですから……。

 6については、中原街道なんかを60km/hオーバーでロードレーサーが疾走していますし、電動アシスト付のおかげで40km/hは楽に出せて坂道も安定するようなったこと。そして何より自転車の車道通行が始まったことで、道交法無視の大量の自転車(特に逆走)によって自転車を起因とした事故が多発していることの対策となります。
 上手に乗れば原付よりもスピードが出る乗り物なのですから、免許は必須でしょう。免許の減点によってより慎重な運転をしてくれるようになることでしょう。
 ママチャリのみ免許なしで乗れるようにするのもいいかもしれません。ロードレーサー、クロス、電アシは要免許で。
【1/23日、6を追記】

Posted at 2011/01/10(Mon) 22:44:02

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

責任の所在は

 値付けミスで有名なイトーヨーカドーのネットショップが閉店。替わって先日オープンしたばかりのセブンネットショッピングにて、再び24個入りを単価で売ってしまうという、致命的な値付けミスが……。
 さらに、商品名と写真が合っていない商品が大量に見つかりました。シャンプーと書いてあっても画像はキッチンハイター、等々。
 もうなんというか無茶苦茶。ネットショップなんてとてもやっていけない。話しにならん。論外。
 そして値付けミス分は発送するつもりらしい=ミスを反省し、正当な顧客に対して謝る気が全くない、傲慢な態度。まさにセ ブ ン。真面目な顧客からしてみれば、ハイエナのような連中に媚びる理由がわかりません。間違った時には、まずあやまりましょうね。下の馘をチョン切って誤魔化すなんてもってのほか。

 12月のクソ忙しい時期にオープンしていることといい、(システム等の)発注先や、自社社員にどんな無茶な納期で作らせたのか興味津々です。
 これほど尋常でないミスを何度も繰り返すのは、担当者や下請けが悪いのではありません、間違いなく会社のトップ連中が悪い。これだけは間違いない。

Posted at 2009/12/09(Wed) 03:00:23

ニュースより | コメント(2) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

選挙後、突如マスコミが民主党政策に懐疑的に

 まだ徐々に……といったところですが、あと半年もすれば例の「辞めろ」コールで埋め尽くされるかもしれません。もちろん、スポンサー側の意向次第ですけれどもね。
 市場に至っては、既に民主政権に対して否定的です。麻生氏の時には多からずとも上がっていた数字が、今回民主勝利で下がっているという……。
 2009年度補正予算凍結ということで、エコポイント、エコカー減税も政権交代で消えるかもしれません。

 就職支援基金停止してるし、政権交代による波紋は予想以上に早く到来するかもしれません。民主政権がどの程度続くかわかりませんけれど……。

 まぁ、これでもし日本経済が無茶苦茶になっても、マスコミから煽動されるままに民主に投票した国民が悪いんですけどね。国が悪いのではなく「投票した国民」が悪いのです。このことを日本人はしっかりと自覚しなくてはならない(いつも国が国がと言い訳ばかりしていますけれど)
 仮に震災が起こって連立与党の社民が自衛隊派遣を拒否して(阪神大震災の時と同じです)、被災地に一切救援が行かなくても、民主党は全く悪くありません、悪いのは選んだ国民です。
 この一年で予想される事態で最も現実的なものは中小零細の倒産ラッシュ。何人自殺が増えるでしょうねぇ……。

 最低時給一律千円(笑)とか民主は公約で寝言言ってますけれど、その分間違いなく求人は減ります。個人事業主は人件費を減らすために、雇う人数を減らします。コンビニなんかだと、もうオーナーの家族だけで廻すくらいなもんです。
 しかも末端っていうのはとにかく数が多いですから、下手したらインフレまで起こりかねない。
 そこに民主の野党時代からの政策である移民なんて受け入れた日にゃぁ……。

 もしかして政治家って求人誌読んだことないのかしら。誰がどう見てもこれ以上人口は増やせません。食っていけないんだから。アフリカの貧困国みたいになってしまいますよ。逆にバブル期みたいに人が足りなくてしょうがなかった時期に移民受け入れだったら理解できるんですけどね。


公約(マニュフェスト)から予想される民主政権下の日本
・地方経済の破綻(公共事業の激減によって)
・派遣工の廃止
・上記に伴う工場の海外移転により円が国外へ
・エコ関連減税の廃止
・求人の激減
・倒産、自殺の連鎖(特に個人事業主を中心として)
・移民大量受け入れと、仕事を求める移民の暴動
・移民雇用優遇制度(血税が支援金として使われる)
・日米同盟の弱化と、日米安保条約の危機
・アジア統一通貨の誕生とスーパーインフレの到来
(破綻寸前のウォン救済→インフレが統一通貨加盟国全てに伝染)

 これは予想されることではないけれど、もしかしたら大新聞が一紙減るかもしれません。あるいは出版社ごと。

Posted at 2009/09/01(Tue) 22:39:15

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

産経web;
中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始


中国の企業が西日本を中心に全国各地の水源地を大規模に買収しようとする動きが、昨年から活発化していることが12日、林業関係者への取材で分かった。逼迫(ひっぱく)する本国の水需要を満たすために、日本の水源地を物色しているとみられる。

 毎日お風呂に(湯船にお湯を張って)入っている民族って日本以外にどんな国があるんでしょうね。シャワーだったら、欧米など先進国には比較的多いでしょう。また、どこかの少数民族が入浴好きの文化を持っていると記憶していますが、多分、湯船にまで浸かるのは、ほとんどないと思います。
 それだけ、日本は水が豊富で、諸外国は水が不足しているわけです。
 アメリカ、オーストラリア、中国などが水不足なのは想像が容易につくでしょうけれど、日本と距離がほとんど変わらない、お隣韓国でさえ水不足です。
 位置的には非常に近いですが、降水量が信じられないほど少なく、水源不足で水の使用量に制限があるので、入浴はせいぜい一週間に一回程度です。水は非常に高価なものなのです。
 多分エンコリだったと思いますが『我々韓国人でさえ滅多に風呂に入れないのに、チョッパリ(日本人への蔑称。中国で言う日本鬼子のようなもの。韓国旅行へ行くときはこの言葉を使わない人だけを信頼しましょう)ごときが毎日風呂に入っているなんてあり得ない』などと見当違いなことを書いている韓国人さえいるくらいです。しかし、この場合は韓国人の方が世界的には多数派。日本の水は世界的に見て、信じられないほど豊富なのです。

 さて、そんな世界の状況に対して、日本はもう少し危機感を持った方がいいと思います。日本ほど気候的に恵まれた国は、他にありません。本心から日本を支配してやろうなんて考えている人々は世界中に沢山います。
 市場主義だの、コスモポリタニズムだの綺麗事言ってる場合じゃないです。特に日本の近くには、今でも帝国主義の国があれば、かつての栄光を再び取り戻そうとしている国、そして狂犬のような人々を抱えている国もあります。安保条約がなくなって、アメリカ軍が日本からいなくなれば本気で攻めることを考えます。
 一方、日本の自衛隊には三日分の弾薬しか用意されていません。特別な規格なので輸入で補充はできません。幾ら世界最新の装備でも、たったの三日間持久戦をやれば、もう抵抗する手段がないのです。その間に国連軍が助けに来てくれなかったら? もし国連の議長が当の攻め込んでいる国の人だったら(「これは戦争ではなく解放である」の一言で、幾らでも決議を引き延ばせるでしょう)
 あなたが仮に王様だったとして、そんな国が隣にあったら攻め込んで支配しますか? 攻めずに指を銜えて見ているだけですか? こんなもんは考えるまでもないことです。ほんとに。
 世界的バッシングなんて、ほんの一年も経たないうちに忘れられます。今、どれくらいの人々がチベット問題について真面目に論議しているでしょう?

 さて、こういうことを書くと、ネトウヨ乙などと大騒ぎする人がどこからともなく涌いてきますが、ほとんどがなぜかインターネット喫茶のIPだったり、なぜか公開プロクシー経由だったり、なぜか日本語が不自由だったり、何をか言わんや、です。
 以前、2chで意味不明な発言を繰り返していたとして朝日新聞からのアクセスが規制されていましたが、その後、突然ネトウヨ煽りが激減するなど、いや、ほんと、面白いですね。
 youtubeなど、世界中の人々が集まる場所で、世界中の人の意見を読むと視界が一気に広くなります。WW2以降の日本の異常に卑下した歴史観がいかにおかしいか(ナチスのことで現在のドイツに謝罪と賠償を要求する欧州国は現存しません)ってのも実感できますし、「ネトウヨ乙」なんてのも、日本だけだって思い知らされます。外国で言うところの「それは民族主義だ」という指摘とは、かなり異質なんですよね。むしろ、左翼の『総括』に近いです。

Posted at 2009/05/13(Wed) 12:09:59

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

ブックオフ株を出版社が30%買い

 ソースを引くまでもなく、ただそれだけのことなのですが……。これはこれは……。何が変わるかわかりませんから、近いうちにブックオフへ買い出しに行こうかしら。
 ブックオフといえば新刊コミックスたらい回しですが、あれでなかなか岩波などの貴重な絶版本が売っていることもあります。
 棚だけじゃなくて、下の抽き出しも開けてみるといいんですよ。暇そうな時間帯に店員さんへ声かけてから。

 新刊の流通が本格的に始まるってことでしょうかね。新刊なら著者にも還元されるのでいいことでしょう。どうせ、新刊の販売価格なんてたったの500円(たったの500円ケチって好きな作家の頸を締めるって、意味わかんねー。小学生かよ)くらいしか変わりませんし、普通に新刊買ったらいいんですよ。
 ただ、私は立ち読みが大嫌いなので、試し買いもブッコフでやってます。買うほどの本かどうかってのはわかりませんし、まとめて買うとなると通販を使わないと持ち上げられませんし。

 ブックオフ等の、何も生み出さない第三者だけが儲かる構造っておかしいですからね。市場の正常化が計られるのかしら。 
 まぁ、著者にはほとんど還元されないでしょうけれど。著者への還元がしっかり盛り込まれたとしたら、とても偉いです。

Posted at 2009/05/13(Wed) 11:11:46

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

マスコミによる異常なまでの小沢氏擁護

yahoo/産経;西松建設献金で小沢氏公設第一秘書を逮捕 政治資金規正法違反
 小沢一郎氏の秘書逮捕の件ですが、いまテレビで「政権与党による陰謀」がどうとか言っていたような気がします。
 どこをどうひっくり返したら陰謀論なんてバカげた発想が出てくるのか理解できません……。小沢一郎氏は元々金についてはダーティなので、叩けば幾らでも埃は出てくるはずです。
 陰謀論について言うなら前中川大臣の件についてもネット上では陰謀論がささやかれていましたし、酒に一服盛るなんてありそうな話しです。
 もちろん、テレビでは陰謀論に触れることなんてありませんでしたが、一方で小沢氏の秘書が逮捕されるとなると陰謀陰謀と大騒ぎ……。

 日本のマスコミ、本当に大丈夫? スポンサーが民主党とか韓国民団(民主党の有力支援団体)100%とかそんな感じになってませんか。

関連:
津川雅彦『遊び』ぶろぐさて今度はクリントンさんが小沢さんに会いたいと電話をかけた時の、その筋の噂話です

Posted at 2009/03/03(Tue) 18:14:26

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ