I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

映画『海炭市叙景』

海炭市叙景


 私には劇場で見る機会がなかったのですが、報酬が入ってすぐDVD-BOXで購入(BDは手軽に見られなくて好きじゃないのです)。しかし観賞したあともなかなかテキストに起こすことができずに、こんな時期になってしまいました。
 この作品が映画になるだけでも一読者としては、御・御・御の字です。製作委員会の皆様・監督・スタッフ・出演者・出資者の皆様に感謝。めでたく文庫も出ましたし、ぜひ再評価の流れを! バブル時代には理解されなくても、今だったら理解されるかもしれません。
 こういう映画が出来るということも拝金主義の蔓延する現在においては珍しいですね。草の根的ではありますが、胸を張ることのできるしっかりした作品に仕上がっています。

 さて、原作者である佐藤泰志という作家の名前は、かなりの本読みでもなかなか知らないと思います。事実某芥川賞作家の先生などは名前すら聞いたことがないという状態でして……(少々とはいえ話題になった今なら掌を返すかもしれませんが)
 一時期“芥川賞を獲れなかった”作家に興味があって、調べていたことが佐藤泰志作品との出会いです。特に興味が出たのは梅田昌志郎の繋がり(佐藤泰志デビューの選者が梅田昌志郎で、後に佐藤泰志が国分寺の辺りに住まうのもまた梅田昌志郎の影響です)なのですが、先生とは今でも手紙のやり取りくらいはしています。先生曰く佐藤泰志を評して『ごまかしばかり』とのことでしたがはてさて……。
 純文学というのは現在では芥川賞を未獲得の新人が単行本を出したところで、商業など名ばかり、アマチュア漫画家の方が発行・売上部数も利益率も上なんてことはザラです(というよりも村上春樹のような存在が特例中の特例)
 当時の佐藤泰志作品の発行部数はわかりませんが、恐らく収入は相当乏しかったのではないかと思います。――尤も奥さんの方は真っ当に稼いでいましたけれど(それはそれでプライドが傷つくでしょう)

 では映画について。
 端的に言うと、いわゆる函館のご当地映画となっています。
 やるせなく、鬱屈した話ばかりで、劇中でずっと地面を覆っている薄汚い残雪は象徴的です。
 佐藤泰志は元々映像的な書き方をしていますが、群像劇として巧く整理・脚本・昇華されており、なかなかの佳作に仕上がっているのではないかと思います。
 さて、今はもう2010年代です。この時代でありながら1980年代当時の世界を表現しようというのです。この間、いかに我々の生活が変貌したか。その隙間を埋めるのは大変なことだったと思います。そして過去を表現する以上は、作品がただのノスタルジックに収まってしまう可能性もあります。
 全体的に漂う昭和の映像にはセット臭さも違和感もなく、なかなかよく作ってあるなと思います。走っている車は現行車でアンマッチしている部分は仕方ないですが……。1980年代のカクっとしたデザインは現行車にはありませんね。
 演技については、竹原ピストルさんの演技というか持っている物がいいですね。誤魔化しではなくご本人の素でぶつかってきている感じが良かったです。
 最も印象に残ったシーンですが、足指を潰すシーンが小説でも映画でも共に記憶に残っています。そこでチンピラから施して貰う傷テープがサビオなんですよね。

 ついでに社会的なことを書くのであれば、行き詰まった地方の人々の姿がありありと描かれており、80年代でありながら、まさに2014年の姿を象徴しているとも言えるでしょう。他人事ではありません。
 現在の経団連や政府の目指す理想像は『1%の富裕層のために99%の奴隷が犠牲となる社会』で、民衆も相互扶助よりもどうにかして自分だけは勝ち組に入ろうという発想になっていますから、ある意味で当時よりももっと酷いかもしれません。
 海外では民衆は自分たちを貧民の側だと思って行動し、裁判でも企業vs民衆という構図がたびたび生まれます。しかし、なぜか日本の民衆は、自分が貧者の側にあるにも拘わらず、自分が企業側や資本家側の立場にあると勘違いし、周囲を見下そうとする方向に走りがちです。
 労働者がストライキを決行したところ、民衆側が労働者側を責めるというとんでもない事態まで発生しました。春闘でごたつく場合、民衆の敵は必ず企業であるという根本的な原則を忘れてはいけません。80年代は懐柔されることはあっても、まだギリギリでそれができていた。今や自分の都合だけで行動する人々が増え、団結するということがなくなったのですね。
 そういったことを踏まえて観ると、底辺を描く映画というものはサクセスストーリーよりもずっと大事なものと思えます。

Posted at 2014/11/22(Sat) 17:39:05

文学・歴史・民俗学 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

佐藤泰志作品が続々と文庫化へ

 何やら目を離している隙に佐藤泰志作品が続々と文庫化されていました。

amazon.co.jp;佐藤泰志一覧

amazon.co.jp;『きみの鳥はうたえる』(予約受付中)

 喜ばしいことですけれども、このラノベ全盛期に一体何事でしょうか……。辻仁成辺りが暗躍でもしたのか……。

 佐藤泰志の作品は純文学としては、正直に言うとイマドキの芥川賞小説をはじめとした新人賞小説(無名・既刊新人賞含む)よりはよっぽど読み応えがあります。
 近年の純文学のモチーフといえば、登場人物が作家と編集しか出てこないなど、職業を持っていてもせいぜいバイトか自由業止まり。
 プロットの時点で商業作品として失格のものがなぜか上まで行ってしまっている状況。漫画の楽屋裏ページじゃあるまいし、一体誰が作家と編集の馴れ合いなんて読みたがるのか……。読者の目線の作品を書く能力がなければ商業作家としてはやっていけないのは、純文学でも一般文芸でもラノベでも漫画でも映画でも全て同じです。その辺は兼業が当たり前の小説家よりも、漫画家の方が編集から厳しくせっつかれますね。
 小説家が作家や自由業者の物語しか書けないのは、現実社会での経験不足という何よりの証拠。そしてひたすら形而上学的愚痴と毒を、秀逸な文章で書き殴れば純文学小説のできあがり。これじゃあねぇ……。

 佐藤泰志の小説は、そういうよくあるスッカスカな小説ではないので、読んでいる間とても重たい気分となります。しっかりと読者の心を揺り動かしてきます。
 しかし、こういう風に心を揺り動かす作品というのは90年代くらいから市場で避けられてきました。読者は重たい作品よりも、より軽妙で軽い読み物を欲していたのです。

 冒頭でラノベ全盛期と書きましたけれども、じゃあラノベが軽い読み物かというとちょっと違います。ラノベ作家の描写というのは下手をすると純文学小説よりも濃厚になりがちです。なぜかというと、書いている作家が重度のオタクやマニアですから。
 彼らは一般社会において普通の人=善良な一般市民とは見なされません。オタクとして、社会からつまはじきにされ続けます。もし一般市民の気でいるラノベ作家がいたら鏡を見せてやるべきです。この化け物のどこが一般市民だ? と。彼らが生み出す作品が濃厚になってしまうのは、作家の資質ですね。
 一方で現在純文学を書く人というのは、濃厚な世界というのはサブカルもどき(せいぜいエヴァ止まり)にしか手を出さないごく普通の人です。テレビを見ては野球や政治をテレビの言う通りに批判する、善良な一般市民です。濃厚なものを書く素地がないんです。だから軽妙なものしか書けない。
 もしも濃厚なものを書けば普通の人の枠から外れ、人格さえ否定されるでしょう。もしかすると、自分の社会的地位を高めるために、あるいは見栄のために小説を書いている人もいるかもいれません。純文学小説家の看板は今でも後光を放っていますから。

 さて、話を戻します。佐藤泰志は善良な一般市民でしょうか? 答えはNOです。
 自殺したこともそうですけれども、他人との距離感のつかめなさや、自分を評価してくれた人への依存の仕方、精神の弱いところなど諸々を含めて、現在のオタクの精神性そのものでしょう。
 このように列挙してみると、太宰治の精神性に近いですかね。太宰治ももちろん現代ならオタクです。太宰に匿名掲示板でも与えたら、きっと自演しながら日がな1日クリックし続けるでしょう。石川啄木だって給金は良かったけれども、現代で言うなら究極のだめんずですね。
 現代でこそオタクはアニメ的な世界へ逃避していますけれど、そういったもののない過去であれば女や風俗、映画や演劇といった分野へ逃避していたわけです。形が変わっただけで、精神性は何ら変わりません。むしろより創造的・生産的になったかもしれません。

 そういった精神性を持った人達が書いたものは、好き嫌いこそ分かれますけれど、面白い。文章がねちっこいと感じることもありますし、内容は誤魔化しだらけなこともありますけれど、読者の心を搏つ可能性を秘めています。社会的にダメな人ほど心の奥底は純粋ですので、透明感のある美しいテーマも見え隠れしてくるでしょう。
 ただし、尊敬される機会は少ないでしょうね。ぶっちゃければ変態ですから。何よりも生きているうちには報われないと思います。

 健康的でノーマルで善良な一般市民で、偉大な小説家までのし上がったのは、ヘミングウェイと村上春樹くらいですかね。でも、ヘミングウェイも幼少時代の経験からちょっと性癖が歪んでますからね……。

 今の時代だからこそ、佐藤泰志の小説というものは重要だと思います。ちょっと時代が古いなと感じる描写ありますけれども、物語の奥底にあるものをすくい取って読むことで、何か違ったものが見えてくるかもしれません。

Posted at 2011/05/02(Mon) 14:04:37

文学・歴史・民俗学 | コメント(2) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

他人に迷惑かける小説はダメだと思う

 どれだけ前衛的でも、挑戦であっても、どれだけ技術が優れ、文章が美しかろうと――
 他人を貶めたり、傷つけることで芸術にしてやろうって魂胆は、やっぱりダメなんだと思います。
 どの作品とは言いませんけれど。

 やっぱり小説や物語っていうのは究極的には癒しの行為でなくてはならないんだと思います。
 もちろん、行きすぎると卑しくなってしまうし、生ぬるい作品ばっかりになってしまいますけれど、作品の底を構成するものというのはそうであるべきなのね。

 ところが純文学を中心にして一般小説はそれがなかなかできない。だから純文学はラノベに敗けるんですよ。ラノベは文章がへったくそでもまだ救いがありますから。

Posted at 2010/09/24(Fri) 17:58:25

文学・歴史・民俗学 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

『芥川賞作家』という呼称なんて恥じるべき

j-cast;芥川賞作家がサッカー批判? ファン刺激、ネットで熱い論戦

サッカーを「乱暴で無精なスポーツ」などと芥川賞作家が新聞コラムで書いたことが、波紋を呼んでいる。野球を持ち上げるため、半ば冗談で書いたようだ。しかし、サッカーファンらを刺激し、ネット上で熱い論戦が繰り返されている。

 辻原登はアンチネットの典型的な人ですので、ネットで幾ら叩かれようが毛ほども痛くないでしょう。これからもガンガン鋭い表現をして戴きたいもんです。シャレのわからん人達はそれで大騒ぎしては、恥を晒すだけですから……。
 辻原登はスタルヒンの記録を元に枯葉の中の青い炎という短篇を書いたくらいの野球好きですから、野球びいきになるのも仕方ありませんね(どんなに冗談でも、サッカーびいきならああいう表現はしないですから)

 まあ、そんなことは実はどうでも良くて、私が気に掛かったのは、この表題。芥川賞なんて下らないものを受賞したために、辻原登は一生「芥川賞作家」としか書かれないんです。
 芥川賞は所詮は新人賞。他の賞の方がずっと価値があるにも拘わらず、です。
 知名度の低い作家はこうなる傾向が強いです。村上龍や池澤夏樹レベルでも、名前の前に『芥川賞作家』と付いてしまいますね。
 こっ恥ずかしいのは元より、作家はそのことをもっと恥じるべきだと思う。これでは、しょせん芥川賞のための駒みたいにしか見えません……。
「ボクは芥川賞作家であること以外に何も価値はありませんよ」
 と自己紹介しているようなもんです。もちろん本当はそうじゃない。
 今や芥川賞なんて形骸化しているし、芥川賞を受賞しなかったからこそ成功している作家は大勢います(もし村上春樹が芥川賞作家だったら、その呼称によってイメージを縛られて、今のようには書けないでしょう。村上春樹はあくまで村上春樹であって、○○賞作家だなんてバカな表現はされません)
 重要なのは作家個人なのに、日本では賞の名前が先に来てしまう。これは本当に良くない傾向だと思います。

Posted at 2010/04/15(Thd) 20:06:16

文学・歴史・民俗学 | コメント(3) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

車に乗る村上春樹と乗らない村上春樹

 車の免許を取得する以前の村上春樹と、免許を取得し、世界中を車で旅するようになった村上春樹とでは、文章がまるで違うと思う。
 特にエッセイ方面で顕著な影響が出ていますけれど、車に乗るようになってからは、どこかしら自信のようなものがみなぎっている。逆に免許取得前はどこか青臭く、人間的にまだ幼い所が前面に出てきている気がする。
 やはり自動車に乗って行動範囲・方法が増えたことで、世界観が大きく拡がったんだと思います。現実的にもなる。

 ぶっちゃけ、大人になるってそういうことよね。


 ところで1Q84ですが、もし1Q84を映像化・漫画化した場合、観念である少女との性交はやっぱり児童ポルノになるのかしら。あるいは、文章だけでも過激であるとして児童ポルノとされる日はさほど遠くない気もしますけれど。
 もちろんフィクションですから、そこに児童ポルノ被害者なんて存在しないし、さらにフィクションの中でも性行為を持つ少女はあくまで「観念」の存在です。
 あるいはふかえりと主人公の交わりも、法律的に見れば違法でしょう。

 こういう風に現実世界の法律違反を、フィクションの世界にまで持ち込もうとすると、急におかしな話になります。
 表現への規制はどんどん進んでいくでしょうけれども、文学小説で、芸術としてこのような表現は許されて(娯楽小説・官能小説ならば出版社の自粛が入るはず)、漫画・アニメでは絶対に許さないよ、となったなら、やっぱり日本の文化の定義って曖昧なんだな、と思います。

 逆に1Q84がノーカットで漫画・アニメ化されたなら凄いことなんだと思う。

Posted at 2009/09/03(Thd) 10:34:55

文学・歴史・民俗学 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

村上春樹作品への感想

 何かを作品を読んで感想を表現するときに、点数を用いることはあながちバカげたことではない、と私は思う。作品をどう捉えたか、を客観的に比較することができるし、同時にそれは自分の鑑賞眼そのものを知ることにもなる。
 もしも鑑賞眼に偏りを感じたら、それを心の端に置いておくことで、自分の考えを修正しやすくなる。もちろん、修正したからといってどうとなるわけでもないのかもしれないけれど。
 ただし、ある作品に対して感想を持つとき、1つには客観的評価――要するに新人賞的評価の仕方と、主観的評価、つまりは好き・嫌いが全く一致しないことがある。
 とても上手に書けていると感じても、全く好きになれない作品があれば、逆にとても好きだけど本当に下手だな、と感じる場合が多々ある。

 そこで点数を付けてみるにあたって、両方の点数を記してみた。巧いな、という評価と好きかどうかの評価を5段階で表現したものだ。
 日本を、そして世界を代表する大作家の作品に点数を付けるなど何事だ、と思う方もいらっしゃるかもしれない。しかし、私はそうした権威にかしこまるような人間を心の底から軽蔑しているし、何より不誠実だと思っている(在学中も、他の生徒よりも20年近く年齢を重ねていながら、有名な先生に媚びへつらい、一方で自分の都合で他人を貶める、自慢をする、無闇に出しゃばるような真似をする人を私はこの目で見てきた。作家を目指しているそうだけれど、作品からはそうした性格が滲み出ていたと思う。決して悪い人ではないけれど、器量があまりに小さい。そしてそれが抜けない限り、読者の心を搏つことは決してできないと思う)

 年代順もわからなくなっているので、思い浮かんだ順で、いい加減にならべてみた。それから短篇やノンフィクションまで挙げるととんでもない量になるので、割愛。

○風の歌を聴け
今一←1 2 3 4 5→凄い  多分こういうのは
   |--|--|--*--|    二度と書か(け)ないのだろうと思う。
嫌い←1 2 3 4 5→好き 素晴らしい小説。
   |--|--|--|--*

○1973年のピンボール
今一←1 2 3 4 5→凄い  本心からこれはイマイチだと思う。
   *--|--|--|--|    酷い、というほどではないけれど
              内容も薄っぺらだし、ごまかされている感じ。
嫌い←1 2 3 4 5→好き でも双児は好きだし、
   |--|--*--|--|    部分部分の表現力は凄い。

○羊をめぐる冒険
今一←1 2 3 4 5→凄い  ここから物語性の高い作品群が続く。
   |--|--|--*--|    それを思えば
              ピンボールは一種の過渡期だったのかな。
嫌い←1 2 3 4 5→好き
   |--|--|--|--*

○ダンス・ダンス・ダンス
今一←1 2 3 4 5→凄い  とにかく登場人物が魅力的。
   |--|--*--|--|    それだけでぐんぐん読み進められる。
              ただし、ほとんど必然性もなく人が死んだり
嫌い←1 2 3 4 5→好き 投げっぱなしな部分が多すぎる気がした。
   |--|--|--|--*    もう少し伏線を回収しても罰は当たらないだろうに。

○ノルウェイの森
今一←1 2 3 4 5→凄い  これが大ベストセラーとなったことは
   |--|--|--*--|    時代的には納得がいく。
              だけど、個人的には大傑作とは思えない。
嫌い←1 2 3 4 5→好き 主人公に一定の共感はできるのですけれど
   |--*--|--|--|    そこまでですね。ただの女好きじゃん、とか。

○国境の南、太陽の西
今一←1 2 3 4 5→凄い  私から見ると携帯小説と変わらない……
   |--*--|--|--|    恋愛至上主義すぎて辟易。
              この作品を読む場合、『TVピープル』収録の
嫌い←1 2 3 4 5→好き「我らの時代のフォークロア」は
   *--|--|--|--|    後回しにした方が無難。ネタバレになるので。

○スプートニクの恋人
今一←1 2 3 4 5→凄い  変わったことに挑戦していることを評価。
   |--|--|--*--|    作品内作品がちゃんと書いてある作品は
              個人的に大好物です。
嫌い←1 2 3 4 5→好き  私の好きな人が男性に興味がないそうで
   |--|--*--|--|    なんとなく重ねて読んでしまったりなど。

○アフターダーク
今一←1 2 3 4 5→凄い  これといった印象は残らなかった。
   |--|--*--|--|    でも、『他人を思いやる心』のようなものを
              強く感じたし、それは大事なことだと思う。
嫌い←1 2 3 4 5→好き 小説においても、人生においても。
   |--*--|--|--|

○世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド
今一←1 2 3 4 5→凄い  この本は持ってないんですよね。
   |--|--|--|--*    内容も忘れてしまっているし、買ってこないと。

嫌い←1 2 3 4 5→好き ただ、凄かったっていうのと面白かったという
   |--|--|--*--|    印象だけはぼんやりと。

○ねじまき鳥クロニクル
今一←1 2 3 4 5→凄い  春樹作品の中で心から『舌を巻いた』
   |--|--|--|--*    のはこの作品だけかもしれない。
              重厚な描写がとにかく凄かった。
嫌い←1 2 3 4 5→好き 井戸の存在も多くの読者の人生にとって
   |--|--|--*--|    重要な意味を持っているかもしれない。

○海辺のカフカ
今一←1 2 3 4 5→凄い  猫の会話描写が耐えられないという人も
   |--|--*--|--|    いるようですけれど、面白かった。
              長篇では最も大好きな春樹小説。
嫌い←1 2 3 4 5→好き 色々と中途半端な終わり方をしているけれども。
   |--|--|--|--*

 こうして見ると、私は意外と春樹作品を客観的に評価していないということがわかった。これはちょっと自分でも驚いた。自分ではてっきり逆だと思っていたのに。
 しかもかなり好き嫌いが激しい。さすがに春樹作品なら何でも……とはいかない。客観的評価と主観的評価も、完全に一致する作品は少ない。

 やらない、と言っておきながら、短篇も少しおまけで。これは好きが5の作品だけ挙げてみる。

△象の消滅
今一←1 2 3 4 5→凄い  これは教科書に最適だと思う。
   |--|--|--|--*    巧い書き方だし、思いやりもあるし
              何より含蓄がある。
嫌い←1 2 3 4 5→好き
   |--|--|--|--*

△踊る小人
今一←1 2 3 4 5→凄い  ベタだけど面白いわー。
   |--|--|--|--*    内容は本当にベッタベタだけど。

嫌い←1 2 3 4 5→好き
   |--|--|--|--*

△眠い
今一←1 2 3 4 5→凄い  電車でうとうとするとき
   *--|--|--|--|    いつもこの小説が頭に浮かぶので……。

嫌い←1 2 3 4 5→好き
   |--|--|--|--*

△図書館奇譚
今一←1 2 3 4 5→凄い  カフカってるよ。
   |--|--|--|--*    羊男も出ることだし
              この作品から三部作へと繋がるのかな。
嫌い←1 2 3 4 5→好き それはどこかの記事で否定されていた
   |--|--|--|--*    気もしますけれどどうだったかな。

△めくらやなぎと、夾竹桃のある家
今一←1 2 3 4 5→凄い  初期に掲載された長い方について。
   *--|--|--|--|    ぶっちゃけこの作品は下手なんだけれど
              物凄く好きになれる世界観。
嫌い←1 2 3 4 5→好き 甥っ子もかわいいし。
   |--|--|--|--*     短い方よりも長い方が好きだ。


 短篇については長篇よりもずっと気楽に5を打てる。短篇というのはそれだけ、凄いか凄くないかが一目瞭然となるジャンルなのだ。それから、私はどうやら象のことが好きみたいだ。象にまつわる作品が出てくると、ついつい評価が甘くなってしまう。

Posted at 2009/03/25(Wed) 22:15:37

文学・歴史・民俗学 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

村上春樹エルサレム賞受賞講演全文

毎日jp;村上春樹さん:イスラエルの文学賞「エルサレム賞」授賞式・記念講演全文
 上下ではなく、同じ記事に編集をかけて5ページもの全文が来ました。携帯電話対策でしょうか。
 前回と同じつっこみ処ですが……

乾いた文体で現代人の喪失感を描き、人気を集めている。

 何より、村上春樹氏の今回の講演の内容とはかなりベクトルが違いますね。
私が小説を書く理由はたった一つ、個人の魂の尊厳を表層に引き上げ、光を当てることです。物語の目的とは、体制が私たちの魂をわなにかけ、品位をおとしめることがないよう、警報を発したり、体制に光を向け続けることです。小説家の仕事は、物語を作ることによって、個人の独自性を明らかにする努力を続けることだと信じています。生と死の物語、愛の物語、読者を泣かせ、恐怖で震えさせ、笑いこけさせる物語。私たちが来る日も来る日も、きまじめにフィクションを作り続けているのは、そのためなのです。

 どこにも乾いた文体で現代人の喪失感を書こうと思った、だなんて書いてありません。
 そして私は出版された村上春樹作品はほとんど目を通していますが、乾いた文体と喪失感を覚えたことはありません。むしろ暖かさとやさしさと、(本来の意味とは違いますが)ヒューマニティがそこには籠もっていると思います。
 そして優しすぎるがゆえに、文学の大家から挑発されたりもするのでしょう。
 文学の世界ではプロレスよろしく、論争を行うのもまたパフォーマンスの一貫となっています。しかし春樹氏は論争には載らずに「やれやれ」と言わんばかり。
 そこがまた好かれる理由でもありますけれども……。

 村上春樹氏の掌編小説の中に「とんがり焼きの盛衰」という作品があります。
 伝統はあるけれどもとても不味い『とんがり焼き』しか食べないとんがり鴉という生き物が出てきます。こいつらは口うるさく、口に入れたものが少しでも『とんがり焼き』ではないとわかると、とたんに大騒ぎをしてそいつを吐き出してしまうのです。
 ところが、主人公が持ってきた新しくて美味しい『とんがり焼き』を与えたところ、若いとんがり鴉の中にははそれに満足する者もいたけれども、年寄りのとんがり鴉はそれに満足せずに、吐き出してしまう。
 また、その吐き出したとんがり焼きを食べた鴉を他の鴉が喉頸を切って殺してしまったりと大混乱になってしまう、というお話しです。

 さて、この『とんがり焼き』を『小説』に、とんがり鴉を『文壇』の連中に置き換えて読むと、なかなか愉快なことになるのです。
 主人公は賞金を諦め、とんがり鴉からは踵を返して、逃げ去ってしまうのですが、これが村上春樹氏による論争への答えなのでしょうかね。
 確かに、文壇の人間を相手にまともに応対していたら身が保たないかもしれません。

関連:
負荷;とんがり焼きと利己遺伝子

Posted at 2009/03/06(Fri) 01:22:32

文学・歴史・民俗学 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ