I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

責任の所在は

 値付けミスで有名なイトーヨーカドーのネットショップが閉店。替わって先日オープンしたばかりのセブンネットショッピングにて、再び24個入りを単価で売ってしまうという、致命的な値付けミスが……。
 さらに、商品名と写真が合っていない商品が大量に見つかりました。シャンプーと書いてあっても画像はキッチンハイター、等々。
 もうなんというか無茶苦茶。ネットショップなんてとてもやっていけない。話しにならん。論外。
 そして値付けミス分は発送するつもりらしい=ミスを反省し、正当な顧客に対して謝る気が全くない、傲慢な態度。まさにセ ブ ン。真面目な顧客からしてみれば、ハイエナのような連中に媚びる理由がわかりません。間違った時には、まずあやまりましょうね。下の馘をチョン切って誤魔化すなんてもってのほか。

 12月のクソ忙しい時期にオープンしていることといい、(システム等の)発注先や、自社社員にどんな無茶な納期で作らせたのか興味津々です。
 これほど尋常でないミスを何度も繰り返すのは、担当者や下請けが悪いのではありません、間違いなく会社のトップ連中が悪い。これだけは間違いない。

Posted at 2009/12/09(Wed) 03:00:23

ニュースより | コメント(2) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「責任の所在は」へのトラックバックのRSS