I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

ロシアで自らを「神」と自称する19歳の青年が銃乱射。少なくとも9人が死亡

kazan_shooter.jpg


RT;「僕は神のようだ」――カザンの学校で9人の犠牲者が出た後、プーチン大統領は銃規制の調査を命じた
 ロシアのカザン市で、学校が襲撃され、少なくとも9人が死亡、10数人が負傷した事件で、10代の若者が治安部隊に拘束されました。
同国のメディアは、容疑者を19歳のイルナズ・ガリャビエフとし、火曜日の朝に襲撃された第175学校の元生徒であることを明らかにしました。彼はその後、近くのTISBI経営大学に進学していましたが、同大学の広報担当者がモスクワのRBCに語ったところによると、彼は学業に遅れをとって退学になったとのことです。

 この関係者は記者団に対し次のように語った。
「ガリャビエフは在学中は、静かで擦れていない学生であることを示していた。彼はいつもきちんとしていて、落ち着いていて、仲間の学生や教師に敬意を払っていました」
 この10代の若者は、1月から授業に出なくなり、家庭教師とも連絡が取れなくなっていたようだ。
「彼は産業体験プロジェクトを守るために現れず、3つの国家試験を受けることもなく、その結果、彼は退学処分となった」と広報担当者は付け加えた。

 先週、ガリャビエフはテレグラムサービスにチャンネルを開設し、《神》からのメッセージを発信したと伝えられています。先週木曜日に書き込まれた一連のコメントの中で、このアカウントは「私は神のようだ」と発表しました。

 このアカウントは、世界の人々は自分の「奴隷」であり、お互いに殺し合ってから最終的には自分自身を殺すべきだと述べています。さらに、世界に生物を残すべきではないとし、生命は "宇宙の過ち "であるとしています。

 殺害前には、「大勢の人を殺してから自分の命を終わらせる」と書いていたとされる。このチャンネルに投稿された写真には、警察に拘束された人物に似た男性が、コンバットベストのようなものを着て、ロシア語で「Бог=ボグ(神)」と刺繍された顔隠しをしながら自撮りしている様子が写っています。

 目撃者によると、学校から爆発音と銃声が聞こえ、生徒たちが外のグラウンドで怪我の手当てを受けている様子や、窓から外に出て銃撃から逃れている映像が流れています。

 ニュースサイト「Baza」は、ガリャビエフさんの父親の言葉を引用して、息子は「無宗教であり、悪い考えや思想を表明したり示したりしたことはない」と述べています。

 カザンのあるロシアのイスラム教徒が多いタタールスタン州の大統領、ルスタム・ミニハノフ氏は、ガリャビエフ氏は銃の所有者として登録されていたと述べている。

 クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、火曜日の記者会見で、プーチン大統領が銃規制法の緊急見直しを開始するよう指示したと述べた。
 ペスコフ報道官は、ロシアのプーチン大統領が銃規制法の緊急見直しを指示したことを明らかにした。
「狩猟用武器として登録されている小火器が、国によってはアサルトライフルなどと定義されていることがある。これも、ロシア軍が早急に解決するだろう」


 これは、あくまでロシアの英語サイトからの翻訳ですので、ロシア語サイトから翻訳してみます。

Kommersant;カザン・シューターについての情報

"Kommersant"紙 2021年5月11日 12:46より
 カザンの学校ギムナジウム175番館が襲撃され、8人が犠牲になった事件で、19歳のイルナズ・ガリャビエフが拘束されました。公的な情報源から彼について知られていることを、Kommersantの記事で見てみましょう。

 ガリャビエフ・イルネズ・レナトヴィッチは2001年9月11日にカザンで生まれました。2018年にはギムナジウム175を卒業し、その後、銃撃戦に突入しました。直近では、ITスペシャリストとしてTISBI大学の4年生に在籍していました。この情報は、教育機関がオープンメディアに確認したものです。しかし、2021年4月に学業上の負債を理由に退学処分となったと、TISBIの広報担当者がRBCに伝えた。

「勉強中、彼は静かで争いごとのない学生であることを示していた。いつもきちんとしていて、落ち着いていて、クラスメートや先生に敬意を持って接していました。12月以降、イルナズは教育実習や産業実習に出ていたし、1月からは大学にも顔を出さず、グループのキュレーターとの連絡も途絶えていた。彼はインターンシップの防衛と3つの国家試験に現れず、その結果、彼は退学処分となった」と広報担当者は付け加えた。

 TVチャンネルBazaは、犯人の父親の言葉を引用して、「息子は宗教には属しておらず、悪い考えや態度を表明したり示したりしていない」と述べています。

 ソーシャルネットワーク「VKontakte【フコンタクテ、ロシア最大のSNS】」のページには、イルナズ・ガリャビエフの名前で登録されており、最後のエントリは2020年9月13日付で「神は言った。"あなたを怒らせた人の涙を恐れなさい。彼は私に助けを求めるだろうし、私も助けるから!」
 ユーザーは7つのグループに加入しています。"Kazan|Kazan. Where to go?", "Enter Kazan", "BAGOSES", "Leonardo Dyvinchik", "GGSEL.COM", "Aesthetics", "Evil Corporation"などがあります。

 同校への攻撃に先立ち、犯人は「Бог【神】」というテレグラム・チャンネルを立ち上げ、その中で計画を予告していました。
 彼は自分のことを神と呼び、人間の姿で現れて「お前たちを排除する」と言ったとされています。
 人間の存在を、彼は「宇宙の過ち」と呼んだ。5月11日の朝「今日は大量の生廃棄物を殺して自分を撃つ」という言葉とともに、マスクとベストを着た自分の写真を載せた投稿をしました。

 テレグラムチャンネル「112」によると、ガリャビエフが学校で勉強していたとき、先生たちは彼の悪口を言っていたそうです。この青年は、勉強ができるわけでも、行動ができるわけでもありませんでした。

 テロの現場を訪れたタタールスタン共和国のルスタム・ミニハノフ大統領は、イルナズ・ガリャビエフが正式に武器の所有者として登録されていることを確認した。その後、州議会のアレクサンダー・ヒンシュタイン副議長がTVチャンネル「360」に確認したところによると、ガリャビエフは4月28日に武器のライセンスを取得したという。



 尚、捕らえられた青年の動画も出回っていますが、口汚く罵り続けています。無編集のものは、BAZAのテレグラムで見られます。
「2ヶ月前には気づかなかった。俺はみんなを憎み始めた。いつも憎んでいたのに」
「僕は子供じゃない。親もいない。理解してくれない。大嫌いだ」

Posted at 2021/05/12(Wed) 04:51:19

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「ロシアで自らを「神」と自称する19歳の青年が銃乱射。少なくとも9人が死亡」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

ロシアで自らを「神」と自称する19歳の青年が銃乱射。少なくとも9人が死亡へのコメントのRSS