I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

COVIDの権威、ピーター・マカロー氏が警告する「COVIDワクチン注射」による大量死


※【】内は訳註


 COVID【ウイルス】の権威、ピーター・マカロー氏が警告する「COVID【ワクチン】注射」による大量死
 New American誌のシニアエディター、アレックス・ニューマンとのインタビューの中で、国際的に著名なピーター・マカロー医師は、これらのトピックに関して国立医学図書館で最も多く引用されている医師であり、COVID注射がすでに記録されている数千人の死亡と数万人の入院を引き起こしていると警告しました。
 そして、それは氷山の一角に過ぎないと警告しています。通常であれば、VARES【ワクチン有害事象報告システム】に報告された50件の死亡事例があれば、その医薬品は直ちに市場から取り除かれることになる。
 COVID注射の場合、すでに数千件の報告がなされているにもかかわらず、大量のワクチン接種計画が推し進められているのである。また、COVIDの治療プロトコルを開発し、世界的に高い評価を得ている医学博士のマッカロー氏は、政府の様々なレベルでの政策決定の結果、多くの不必要な死が発生していることを強調しています。

 これらが本来医者がとるべき普通の対応です。
 データを採ってNGなら認可を取り消す……当然のことなのですが、COVIDワクチンの推進派はもはや感情論だけになっています。

Posted at 2021/05/10(Mon) 12:07:06

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「COVIDの権威、ピーター・マカロー氏が警告する「COVIDワクチン注射」による大量死」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

COVIDの権威、ピーター・マカロー氏が警告する「COVIDワクチン注射」による大量死へのコメントのRSS