I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

ファイザー社のワクチンが神経変性疾患を引き起こすことが確認される-研究結果

National File;レポート:ファイザー社のワクチンが神経変性疾患を引き起こすことが確認される-研究結果

ファイザー社のワクチンがアルツハイマー病などを引き起こす可能性があることが新たな報告で判明
ナサニエル・リンダーマン著 2021年4月22日

 「ワクチンのRNA配列およびスパイクタンパク質の標的相互作用について、細胞内のRNA結合タンパク質であるTDP-43およびFUS(Fused in Sarcoma)を病的なプリオン構造に変化させる可能性があるかどうかを分析した」と説明しています。
 アルツペディアによると、TDP-43は、認知症やALS、さらにはアルツハイマー病を引き起こすことが知られているタンパク質です。同様に、FUSタンパク質は、ALSや遺伝性本態性振戦の原因となることが知られている(ヒトゲノムデータベースより)。

 報告書のために行われた実験は、この2つの有害なタンパク質が、mRNAワクチンが期待されるように、私たちのDNAに埋め込まれるかどうかを調べるものでした。
 その結果「ワクチンRNAには、TDP-43とFUSが病的なプリオン確認のために折りたたまれるよう誘導する可能性のある特定の配列がある」と判断されました。
 つまり、この2つのタンパク質は、私たちのDNAに埋め込まれて有害な神経疾患を引き起こす可能性があるということです。

 報告書の要旨は「同封の所見に加えて、さらなる潜在的なリスクがあることから、著者は、SARS-CoV-2用のRNAベースのワクチンの規制当局による承認は時期尚早であり、このワクチンは利益よりもはるかに多くの害をもたらす可能性があると確信している」
 と結論づけている。報告書自体はこのような警告で締めくくられています。
「ワクチンは生物兵器となり、元の感染症よりもさらに危険なものとなる可能性がある」

 ナショナル・ファイル紙では、このような疑惑があるにもかかわらず、なぜファイザー社のワクチンがまだ配布されているのか、CDCに問い合わせてみました。この記事を掲載する前に回答はありませんでした。

報告書のpdfはこちら

Posted at 2021/04/26(Mon) 12:12:57

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「ファイザー社のワクチンが神経変性疾患を引き起こすことが確認される-研究結果」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

ファイザー社のワクチンが神経変性疾患を引き起こすことが確認される-研究結果へのコメントのRSS