I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

オペレーション・マイル・ハイ、NYCジェットの経営者、子供を売買した罪で起訴される 日本語訳

Breaking911;オペレーション・マイル・ハイ、NYCジェットの経営者、子供を売買した罪で起訴される

著者 T. グラント・ベンソン -2021年3月14日

 ニューヨーク - ニューヨーク州司法長官レティシア・ジェームズは本日、ニューヨーク市全域で少女たちを人身売買したとして、レベル3の性犯罪者であるポール・アレクサンダー(57歳、ブロンクス市)を起訴したことを発表しました。アレクサンダーの起訴は、検事総長室の組織犯罪タスクフォース(OCTF)とニューヨーク市警察の副重大事件班、人身売買チームとの長期にわたる共同捜査の結果です。アレクサンダーの逮捕と起訴は2020年12月に行われ、ジェームズ司法長官が新たに制定された「子供の性売買」という犯罪で被告を起訴したのは初めてのことで、性売買業者の責任を追及する検察官の能力が強化されました。

 アレクサンダーは、ブロンクス郡最高裁判所刑事部のマイケル・A・グロス判事に対し、17件の起訴状を提出し、「児童の性的人身売買」のほか、「売春助長罪」、「共謀罪」、「児童の福祉を害する罪」、「わいせつ罪」などの罪に問われています。児童の性売買および第1度売春助長罪はいずれもB級重罪であり、児童の性売買は暴力的重罪です。アレクサンダーは、上位の訴因で有罪となった場合、最高50年の懲役刑を受けることになります。さらに、アレクサンダーは再拘留され、2021年3月12日に裁判所に戻ることを命じられました。

 ジェームズ司法長官は
「子どもの性的搾取は、恥ずべきことであり、病的であり、あからさまな違法行為です。大人には子どもを守る責任がありますが、アレクサンダー容疑者の行為は、未成年者を計り知れない痛みと苦しみにさらしています。私の事務所は、あらゆる手段を用いて、人身売買や児童虐待を根絶し、被害者に正義をもたらすために努力を続けます。ニューヨーク市警の協力に感謝します」
 と述べています。

 ニューヨーク市警のダーモット・シェア本部長は
「本日の告発は、性犯罪と闘い、この凶悪犯罪の被害者を保護するというニューヨーク市警の揺るぎないコミットメントをさらに明確にするものです。ニューヨーク市警の捜査官とニューヨーク州司法長官の、この重要な事件に対する持続的な取り組みを称賛します」
 と述べています。


 この捜査は、アレクサンダーが自家用機チャーター会社「セントラル・ジェット・チャーター」のC.E.O.であることが判明したことから、「オペレーション・マイル・ハイ」と名付けられました。調査チームは、録音機、ソーシャルメディア、覆面調査などを駆使して、アレクサンダーが実際に郡を越えて子どもたちを人身売買していたことを突き止めました。最初の捜査は、女性の未成年者がアレクサンダー氏をニューヨーク市警に通報したことから始まりました。アレクサンダー氏は、自分や他の未成年者を性的に虐待し、他の男性に売春を斡旋していると主張していました。覆面捜査官がアレクサンダーと会い、12歳の被害者と14歳の被害者との性交渉で合計300ドルを請求した--そして、被害者が協力的になるようにアルコールやマリファナを使うように覆面捜査官に勧めた。

 さらに調査の結果、2018年から2020年にかけて、アレクサンダーは10代の女性被害者(12歳から16歳)をブロンクス郡にある自分のアパートに誘い込み、マリファナや食べ物を使って誘うことが多かった。そこに行くと、アレクサンダーは被害者と性的行為をしようとしたり、被害者に自分の姿を見せたり、ヌード写真を見せたりしていました。また、アレクサンダーは、他の10代の女性と一緒に写っているヌード写真を被害者に見せていました。

アレクサンダーは、2020年12月5日に逮捕されました。

Posted at 2021/03/15(Mon) 11:11:54

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「オペレーション・マイル・ハイ、NYCジェットの経営者、子供を売買した罪で起訴される 日本語訳」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

オペレーション・マイル・ハイ、NYCジェットの経営者、子供を売買した罪で起訴される 日本語訳へのコメントのRSS