I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

ガジェット通信が炎上煽り

livedoor;マクドナルド店員が客に「男のくせに細かいこと気にしてんじゃねえよ。いやなら買うなーっ!」

このマクドナルド店員の感情もわからなくもないし、客の言い分もわからなくもない。感情として出てしまうのは人間なのだから仕方がない。しかし、ブログに書いてしまってはダメである……。それに「こんなことを店員が思っているんだ……」と思ってしまうと、なんだかマクドナルドに対する見方を変えてしまう客もいるはずだ。そしてなによりも、マクドナルドとしては、「そんな感情は持たずにお客様のリクエストに応える」というのが信条としてあるはず。

 こんなもの、より多くの場所に配信される、ニュース記事にする方がダメ。ネット上だけであっても、ダメ。
 むしろ、わざとブログ炎上を狙っているようにしか見えない。
 個人ブログなんて何書いてもいいのよ。読む人間が取捨選択すべき。
 本音の書いてないネットなんて異状。愚痴すら書けなくなったら、中国とか情報統制されている国と変わらない。韓国なんて、親日ブログが、事実閉鎖されていますし。

 記事元のガジェット通信なんぞはどうでもいいですけれど、livedoorニュースのトップに出てしまったのって、マクドナルドがlivedoorに広告を出してない、とかそういう理由かしら?
 マクドナルドが大量の広告を出しているのは、マスメディアによるネガキャン除けの意味もあると小耳に挟んだことがあります(本当かどうかは知りませんけど)。実際、マクドナルドなんて食材に関してまで掘り下げればいくらでも叩くネタに困らないわけですから。
 もしマクドナルドがlivedoorのスポンサーになっていたら、こんな糞記事がトップに載ることはなかったのかなぁ、とちょっと疑問に思ったので。

Posted at 2009/02/25(Wed) 15:10:51

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「ガジェット通信が炎上煽り」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

ガジェット通信が炎上煽りへのコメントのRSS