I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

人は見た目が九割

J-CAST;「美人すぎる」青森・八戸市議 ネットで評判、HPアクセス不能
 あーこれ、私もその当日にまとめサイトから見に行ってました。

痛いニュース;「青森県八戸市の市議会議員・藤川優里さんが美人すぎる」…ネットで話題に

 公式サイトの安っぽい構成や、あまりにも狙いすぎな衣装が、アイドルと市議とを勘違いしてるんじゃないかという酷さで、茶吹きまくりました。
 昔の写真だと茶髪みたいでしたが、現在は黒髪。身なりというよりも、あたかもアイドルの戦略のように、そういう層をターゲットにしているのではないかと思えてしまいます。

 女性は容姿が美しいと、それだけでちやほやされます。すると自然に歪んだコンプレックスを持つことも少なくなるので、フェミニズムに陥りにくいといいます。
 従って、そこらのフェミ議員よりは遙かにいいかもしれません。
 どちらにせよ政治能力なんてろくにありませんし、フェミになったら最後、トンチンカンな主張で社会に害をもたらすだけですから。

 これは別に女性だけでなく、男性も事情は似ています。
 イケメン議員といえば小泉元首相もその範疇でしょうか。全身から自信をみなぎらせるイケメンと、卑屈で矮小なキモいブサメンなら、多少政治能力で劣っていても前者がいいに決まっています。外交だってやるのですから、印象は大事です。
 政治ってのは容姿も大事なんですね。
 亀○みたいに悪人面の政治家はいかにも悪そうなことをしてそうに見えてしまいますが、小泉みたいな爽やかな容姿だと悪いことは何もしていないように見えてしまいます。
 福田首相なんてなよなよした小者にしか見えません。
 現実はどうあれ、そう見えてしまう。

 市民レベルでもそう。
 街頭で警察による手荷物検査もなるべくキモオタを対象にするよう指示されているそうです(キモオタは刃物所持率が高いから、だそうで)。普通の身なりをした女性やイケメンは対象外。
 刑事歴20年のベテランに言わせると、コミケ会場にはいかにも犯罪を犯しているような奴らがゴロゴロしているそうです。
 イメージって怖いですね。

 まあなんですか、キモイ奴がどんだけがんばっても、がんばってる姿がより一層キモいと叩かれるだけ。生まれと容姿に恵まれた人間には、百年経っても勝てませんね。

Posted at 2008/01/24(Thd) 07:44:19

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「人は見た目が九割」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

人は見た目が九割へのコメントのRSS