I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

バイトに弱みを見せてそれでも切れますか

サンスポ.com;ローソンよ、お前もか!大阪市内の店舗で期限切れのおでん販売

 コンビニ大手ローソンは3日、大阪市内の「ローソンプラス住吉殿辻一丁目店」で、社内基準の消費期限を過ぎた食材のおでんを販売していたことが分かったと発表した。この店は11月6〜12日のおでんセールで食材を大量に納入した際に期限切れの食材を使用。11月27、28両日にも消費期限を1−2日過ぎた食材を使っていた。

 ローソンおでん。問題はこの後の記事。
 この問題は元従業員からの連絡で発覚。他店では同様な事実は確認されていないという。

 いつもコノ手の告発は決まって“元従業員”です。コンビニに限らずフランチャイズの店主は、とても社会ではやっていけないほど性格がトンデモな人が多いので、バイトから恨まれている人は決して少なくありません。
 しかも大阪だから店主のトンデモ度は東京人には想像もつかないレベルです。九州や四国などの地方都市も左うちわ(ライバルがいないので日販60万〜100万で、しかも土地などが自前なので本社に対し強気に出られる)が多い分だけ酷いですね。

 バイトなのに正社員並の仕事をさせ、平然とバイトに弱みを見せておきながら、切るときは平気で切る――。
 そんなことをしているから赤福にしてもマックにしても内部告発で崩壊するわけです。
 訴えるバイトもただの腹いせでやっているのがほとんどですから、どんだけ〜ですけれども。
 どちらにしても自業自得すぎますやね。

Posted at 2007/12/04(Tue) 19:13:40

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「バイトに弱みを見せてそれでも切れますか」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

バイトに弱みを見せてそれでも切れますかへのコメントのRSS