I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

妹殺しの公判はじまった

産経web;「180秒首を絞め続けた」 渋谷の妹バラバラ殺人初公判

東京・渋谷の裕福な歯科医師宅で、妹を殺害した上に遺体を切断するというショッキングな事件を起こし、世間に衝撃を与えた武藤勇貴被告(22)は、東京地裁で31日に開かれた初公判で起訴事実を認めた。

産経からもう一個
産経web;「歯医者はまねっこじゃないか」に殺意 渋谷の妹バラバラ殺人

「ドラマで180秒首を絞めれば人は死ぬという場面を見たような記憶があったことから、1から180まで数えながら(亜澄さんの)首を締め続けた」

 つまり犯行当時加害者は冷静で極めて明確な殺意と計画性があり、一時的にカッなって殺したわけではないということですね。
 あと、どのドラマから影響を受けたかもはっきり報道してください。アニメや漫画、ゲームの時だけは具体名を出して、総叩きにするのにね。
 一方、弁護側は冒頭陳述で「勇貴被告は、なぜ殺害に至ったのか合理的な説明ができていない」などとして、心神耗弱、もしくは心神喪失を主張した。

 弁護士は刑を軽くするためなら、本当になんでも言うのな。

一方、亜澄さんに対して「傲慢(ごうまん)だ。ヒステリックだ。恩知らずでわがまま」などと厳しい言葉を浴びせたこともあった。

 凄い 妹 虐め

 死人叩きとか尋常じゃないから。

 しかも家族全体で虐めていたわけですから、そりゃ被害者も多少の暴言は吐くわ。

さらに、「勇君が歯医者になるのはパパとママのまねっこじゃないか」と言われ、「この口を黙らせるには、もう殺すしかない」と殺害を決意した。

 妹から「キモイから近寄るな」と連呼されている全国のキモオタに謝れ

弁護人によると、初公判で証人出廷する両親と兄は、勇貴被告に厳しい処罰感情を抱いていないという。

 他に有力な証人はいないでしょうし、既に死んでしまった被害者のために、わざわざ殺人者やその両親から怨みを買うような証言をする証人もいないでしょう。
 多分全部被害者が悪いってことにされて、多分10年ちょっとで社会復帰してしまうでしょうね。
 マジで怖いわ。

 この被告は自分を悪いとは思っていないから、出てきたらもう一度人を殺める可能性が高いと思います。
 他人の立場に立って考えることのできない人間は、一生他人を排除し続けることしかできません。

 悪びれる被告ならまだ同情の余地があるけど、裁判でまで優等生を演じているこの被告は本当に怖いです。


サイト内関連記事
検察ですら加害者の擁護に廻った異常な裁判

Posted at 2007/07/31(Tue) 11:22:50

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「妹殺しの公判はじまった」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

妹殺しの公判はじまったへのコメントのRSS