I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

時代の千メートルくらい先を行っていた

asahi.com;社保庁長官、職員1万7千人に賞与の一部自主返納求める

村瀬長官は賞与全額の約270万円、同省の辻哲夫事務次官も全額の約310万円を返納する。

 すげぇ、こいつらボーナスだけで俺の年収の2〜3倍は当たり前なのか……
 そんなに貰う必要あるのかしら……。これだけあれば文化的生活どころか豪遊できてしまう。

毎日MSN;ソニー:「PS3、コスト削減で巻き返しを」中鉢社長

「時代の半歩先を行く商品を提供する」

 この言葉通りのことを実践したのがセガのドリームキャストです。
 あの時代、たった2万円でインターネットに繋ぐことができたのはドリームキャストだけ。開発陣の感覚が未来人すぎて世間とのギャップが残念でした。
 あと、CMで損してましたね。湯川なんて誰かわからんOSSAN映さないで、ドリキャスでできることを真っ当に宣伝していたら、多分ドリキャスの方が勝っていたかと。実質はPS2よりもずっと高度なことのできるハードでしたし。
 タラレバは禁物? いやいや、それだけドリキャスが凄かった(おかしかった)ということで。
 カタログスペック上はPS2の方が圧倒的に高性能ですが、実際に動かしてみるとドリキャスの方が高性能だという奇妙な現象が数多く報告されていました。

 ソニーはいつもズルして勝つのよね。

Posted at 2007/06/26(Tue) 03:03:50

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「時代の千メートルくらい先を行っていた」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

時代の千メートルくらい先を行っていたへのコメントのRSS