I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

世界一小さな本

ロイター;Tale of Teeny Ted said to be world's smallest book
 画像が見つからないので放置していたのですが、よく考えたら、電子顕微鏡でないと読めない本の画像なんて出回るはずがないですよね……。

 本のタイトルは「Teeny Ted from Turnip Town(カブ町からやってきた小っちゃなテッド)」そのサイズは0.07mm〜0.10mm程度で、透明なシリコンにガリウムイオンビームで文字の周辺を削って製作された。

 ギネスでは2001年のキング・ジェームスバイブルの新約聖書部分の写しと、2002年のチェーホフ「カメレオン」がそれぞれ最小とされてきたが、この本はそれよりもさらに小さいという。

Posted at 2007/04/15(Sun) 10:16:01

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「世界一小さな本」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

世界一小さな本へのコメントのRSS