I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

都知事できる人間、石原しかいねーじゃねーか!

産経web;合法ビラで中傷?合戦 都知事選、いよいよ8日投開票

 元宮城県知事、浅野氏陣営のビラは「こんな知事ならYES!」と表記し、「だれもが差別されない東京」「子供やお年寄りにやさしい東京」など浅野氏が主張する公約を列挙。裏面では「あんな知事はNO!」とし、「都政私物化」「思いつきで銀行をつくり、456億円の赤字」などを掲げ、現職批判を印象づけている。

 マスメディアがやたらと推している浅野候補ですが、こりゃダメだ。そんなに創価学会票が欲しいのかよ、と。
「だれもが差別されない東京」とは要するに外国人を優遇するって意味です。石原候補が三国人三国人言って毛嫌いしているあの人達をもっと大事にしようということでしょう。もう充分に優遇されてるから勘弁してください。
 なんとなく、マスメディアが推す理由もわかります。単なる石原嫌いもあるでしょうけれども。

 文学系の記事でとことん石原叩き(笑)をやっている私ですが、政治に関してはそれほど悪い印象はないです。ただもう少し自重してくれれば安心なのですが。せめて言葉に気を付けて欲しいです。

 あと、外山候補の政見放送を使ったコラ画像やMAD映像、youtube等へのuploadが問題となっていましたが、ネットを使った選挙活動の可能性へ言及したりなど、メディアと選挙管理委員会の勘違いっぷりがすさまじかったです。ネタとマジを混同する奴が一番困る。
 ただ、夜勤キラーこと街宣カーは廃止して欲しいですけどね。あんなものは、心理学的洗脳に過ぎません。やってることは、オウム真理教とほとんど変わりないわけですから。

----(5/13追記)----
<浅野史郎氏>都知事選後初の講演会…敗北に「恨み節」も

「都民はマニフェストを読まないことが分かった」などと“恨み節”を交えて選挙を振り返った

 自分がNOを突きつけられたときに、敗けを素直に認められない人間ほど無知で無能なものはありませんね。
 その肝心のマニュフェストを、方々のブログや掲示板に引用されて木っ端微塵に叩かれていたのを知らないんでしょうか。
 マスコミならカネや権力で自由に操作できますが、ネットはそうはいかないので。世論誘導しようとしても何人か影響力のある人間が揚げ足を取れば、誘導は逆効果になります。マトモなリテラシー能力を持った人なら、浅野はとても支持できない。
 支持していたのは、マスコミ関係者(毎日新聞記者説が濃厚)の運営しているきっこの日記くらいなものでしょう。
 必死に浅野支持を訴えた挙げ句、石原が当選した日にゃ浅野以上に無様な捨てぜりふを吐いていましたけれども。

Posted at 2007/04/07(Sat) 09:17:32

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「都知事できる人間、石原しかいねーじゃねーか!」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

都知事できる人間、石原しかいねーじゃねーか!へのコメントのRSS