I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

絶滅危惧種である【揚子江の女神】白イルカの絶滅が宣言される(中国・北京)

yahoo!/ap;Rare white dolphin declared as extinct

 白イルカについてはこちらか――
wikipedia;ヨウスコウカワイルカ科
 ――を参照のこと。

 国際的団体は揚子江の生息地を六週間調査した結果、何百万年もの間生存していた稀少な白イルカ(Baiji)が、事実上絶滅していると宣言した。
 これは、1950年代にハンティング、乱獲などによって絶滅したカリブモンクアザラシ(タイセイヨウモンクアザラシ)以来の、大型水生哺乳類の絶滅である。
 白イルカを絶滅に追いやったのは、生息地の水位の低下、頻繁な船の往来、ソナーの使用、乱獲、水質汚染だと調査に当たった人物は述べている。
 調査において、1,2匹を見逃した可能性はあるが、それは生き残ることができないだろうと見られている。

 中国人は白イルカを「長江女神」=「揚子江の女神」と呼んでいたそうだが、経済成長の代償として、永久に失われることになった。
 目撃例は1980年には約400匹、1997年には13匹、2004年に1匹と急激な勢いで減っていった。白イルカが生き残るには、少なくとも20〜25匹はいなければならないという。

 イルカのような生態系の上位にある種が急速に絶滅してしまったことで、河川の生態系・環境保護のありかたそのものが問われている。
 すぐさま対策が執られない場合、次には同じく絶滅危惧種であるネズミイルカが絶滅してしまう可能性が高いとのこと。

参考:
メコン・ウォッチ;中国本流ダム>Where have all the fish gone?(お魚はどこへ行ったの)

livedoor news;米海洋学者ら、日本に残虐なイルカ漁の禁止を求めて誓願書集め

--------
 川イルカというと、十年ほど前に、N○Kか何かのドキュメンタリー番組で、人間と共同で漁をしている映像を見たことがあります。人間が船のへりを小刻みに叩くとイルカが自然とやってきて、魚を追い立てる、というものです。
 しかし、最近では人間が呼んでも、滅多にイルカがやってこなくなった――という内容でした。
 付近を大きな船が往来しているために衝突事故に遭ったり、電気コイルを河川に投げ込んで、魚をショック死させる違法な漁によって疵を負って弱ったり、とにかくありとあらゆる危険に囲まれているようでした。

(追記12/20、日本語記事)
cnn.co.jp;中国・揚子江のヨウスコウカワイルカが絶滅

Posted at 2006/12/14(Thd) 10:51:14

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「絶滅危惧種である【揚子江の女神】白イルカの絶滅が宣言される(中国・北京)」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

絶滅危惧種である【揚子江の女神】白イルカの絶滅が宣言される(中国・北京)へのコメントのRSS