I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

酔った女性と寝れば、合意の上でも強姦罪となる可能性が

ZAKZAK;女性酔客送って“強姦”運転手、逮捕へのマヌケ経過…
 村上春樹の小説なら、酔った女性を自宅まで送ったあと朝まで女性の部屋で過ごし――
「意識のない時に襲うなんて最低よ」
 などと言われても、実際に訴えられることはない。もちろん小説だからであって、現実なら訴えられること間違いなしだろう。70〜80年代と現代との違いもある。
 この事件、どう考えても女性が酔っている間のことを記憶していないように思う。酔っている間にいくら「OK」でも、酔いが醒めたらそんなことは微塵も憶えていないもの。男性諸氏は注意されたし。

Posted at 2006/09/28(Thd) 09:46:58

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「酔った女性と寝れば、合意の上でも強姦罪となる可能性が」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

酔った女性と寝れば、合意の上でも強姦罪となる可能性がへのコメントのRSS