I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

米googleが200年前までの記事を検索できるサービスを開始

cnn.co.jp;米グーグル、過去200年間の記事を検索可能に


サンフランシスコ──インターネット検索最大手の米グーグルが5日、18世紀にさかのぼる新聞など、過去200年以上にわたる記事が検索できる「ニュース・アーカイブ・サーチ」サービスを始める、と発表した。歴史的な出来事をキーワードとして検索すると、時系列的や掲載媒体ごとにも検索結果が表示され、歴史認識の変遷などが分かるようになっている。

 おお、これは凄い! 南京大虐殺とか調べてみましたが、古〜い記事は会員制サイトでないと見られないようです。比較的新しい記事は、80年代のものでも見られました。
 ただし、現在は英語、及びスペイン語のみのサービスですが。

URLはこちら。
http://news.google.com/archivesearch/

 試しに“Haruki Murakami"で検索して、村上春樹の世界的知名度を計ってみました。1,700件。凄いですねぇ、因みに「香水」で有名なパトリック・ジュースキント=“Patrick Süskind”で検索したところ、634件でした。村上春樹は英語圏での知名度が高いので、下手なドイツ人よりも世界的に通用しているかもしれません。ドイツで活躍中(?)の多和田葉子=“Yoko Tawada”では138件。
 英語圏の本場モノということで、“Graham Swift”を検索したところ801件ヒットしました。本場に勝っとるやんけ。orz

----(追記)----
 ノーベル文学賞有力候補の米作家"Joyce Carol Oates"で検索してみたところ、7,250件でした。妙にホッとしたりして。
--------------

※似たような名前がヒットしないよう、キーワードにダブルクォーテーションを付けて、完全一致検索を掛けています。

Posted at 2006/09/07(Thd) 15:32:26

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「米googleが200年前までの記事を検索できるサービスを開始」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

米googleが200年前までの記事を検索できるサービスを開始へのコメントのRSS