I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

人違いで生インタビューの男が大人気

x51.org;タクシー運転手がコンピューター専門家と間違われて生放送に出演 → 何となく音楽ダウンロードの未来を語る
 この記事のガイ・ゴーマ氏の続報が報道されていましたので、紹介します。

産経web;映画化も?“人違いで生インタビュー”の男性、大ブレーク


BBCには就職できなかったが、ゴマさんはその後、別のテレビ局の番組から相次いで出演依頼があり、有名人に。ゴマさんの採用を求めるサイトもできた。ゴマさん人気に触発され、映画「ウィンドトーカーズ」(ニコラス・ケイジ主演、2002年)を製作したアリソン・ローゼンワーク氏が「彼はおもしろい。映画の題材にうってつけだ」と語るほどのフィーバーぶりだ。

 英国でもゴマちゃん人気だそうです。随分とむさ苦しいゴマちゃんですが。(笑)
 大人気とはいっても、結局BBCの技術職には就くことができなかった模様。ブームなんてすぐ消沈するものですから、早く就職先が見つかるといいですね。

Posted at 2006/08/25(Fri) 10:01:44

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「人違いで生インタビューの男が大人気」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

人違いで生インタビューの男が大人気へのコメントのRSS