I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

快楽殺人の恐怖


中国情報局;少女ら28人殺害か?34歳の猟奇殺人男を逮捕
 猟奇殺人の中でも特に捕まりにくく、そして凶悪な快楽殺人。快楽殺人犯は殺した“記念”に象徴的な何かをコレクションする傾向があり、『靴下が28足押収された』という記事を見た時には、靴下を象徴として集めているかと思いましたが、他の衣類もあるようで、そういうわけではない模様。
 ――で、この殺人も再犯です。快楽殺人犯というものは死刑にならない限りは、永遠に犯行を重ね続けます。彼らは決して度を失って犯行に走るのではなく、パンを食べるようにして殺人に走ります。
 生まれながらにしての犯罪者であり、更正もクソもありません。足立区綾瀬であった事件の犯人の一人も、ですね。

参考1:
無限回廊;女子高生コンクリート詰め殺人事件

 足立区といえば私の現住所ですが(笑)、地価が安い代わりに殺人事件・喧嘩などの件数が他地域に較べ異常に多く、治安の悪いことで有名。綾瀬・北千住方面はまだマシですが、少し外れた場所になると、深夜のコンビニの来客の4割以上が在日外国人というほどに外国人居住率が高く、表通りにさえハングル語の看板が並んでいるほどです。また、銭湯へ行くと客の半分以上に“本物の”彫り物があります。ちょっと部落地域に近い感じでしょうか。
 私自身、見るからに危ない人を毎日のように見掛けます。漫画に出てきそうなコテコテのヤクザや暴走族のにーちゃん達は変な関わり方をしなければ無害なので(笑)いいのですが、怯えるような女を常に監視している男、援助交際と思しき、妙におどおどしている女子中高生と顔中痣だらけのオヤジ、精神病者、突然殴りかかってくる酔っぱらい親方と遭遇した時にはいつも引っ越そうかと思います。
 因みに、私の郷里の長崎でも快楽殺人がありました。ただし、被告は少年法により保護されていますが。

参考2:
長崎幼児誘拐惨殺事件 卑劣すぎる快楽殺人者の記録

 コノ手の人達にとって少年院や懲役などは“勲章”のようなもので(笑)、自慢の種としかならない。花輪和一の「刑務所の中」や刑務所実録本などを読んで、服役囚といえどもどれほど人権を保護されているか、生活に支障が無いかを知る人も多いと思う。ぶっちゃけ、私の今の困窮した生活よりも刑務所の方が圧倒的に楽です。(笑) 食うや食わず生活の中、テレビも無く、私の愉しみといえば古い文学本を読むことと、文章を書くこと程度ですが、それは別に刑務所の中でも許されていることなのですよね……。ぶっちゃけ、これは実質罰則となっていない。
 しかも未成年なら罰則も適用されず、実名も報道されず、好きなだけ快楽殺人に走ることが出来る。
 それもこれも最近の過剰な人権擁護・プライバシー保護が原因ですが。
 ちょっと話しが逸れますが、未だに人間は皆平等だ、とか不公正なことを言う人のあるのが不思議。人間は決して平等ではありません。もし平等に扱われるとしたら――譬えばあなたの近くに大金持ちが住んでいると仮定して、その大金持ちが何億円という税金を納めているのだから、お前も同じ額を納めろと言われたらどうでしょう。確かに平等ですが、不公正極まりないですね。最近はジェンダー・フリーなどで、女性に深夜勤務や力仕事をさせたりしていますが、まるでイギリス近代以前の、女子供が石炭採掘の重労働に従事していた頃の社会に見える。差別の無い社会とは恐ろしいものです。

 快楽殺人犯は言うなれば人間の失敗作。完全に壊れていて、修理の施しようもない。彼らは決して更正・治癒することなどあり得ないのだから、隔離では足りません。
 だからといって原因は犯罪者個人だけでなく、その社会的経緯を辿ることは大事で、そこは是正していかねばならない。それが犯罪者もまた被害者――と言われるゆえんで、決して犯罪者を無実たらしめるものではない。
 どれほど社会的な欠陥が原因であっても、個人の犯罪は決して消えない。失敗作はやはり処分しなければ、正常な人が正常な生活を送っていくことは不可能なのですよね……。

他参考:
x51.org;カニバリズム - 人間は如何にして人間を食べてきたか
無限回廊;神戸須磨児童連続殺傷事件(酒鬼薔薇聖斗事件)
 スナックママ連続殺人事件

Posted at 2006/03/07(Tue) 05:03:37

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「快楽殺人の恐怖」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

快楽殺人の恐怖へのコメントのRSS