I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

電波垂れ流し押し売りNHK

http://www.asahi.com/life/update/0203/001.html
 イマドキNHKなんて放送されなくてもいいし、もはや今のNHKでは、大震災などかつてないほど大規模な災害が起こった時に一番最初にコケる可能性さえある。元々デジタル放送は災害に弱いし、被災者がテレビ局に期待するものは何も無いんじゃないかな。あるとすれば暇つぶし。私の興味があるのは、ネットとデジタル放送、どっちが先にコケるかとうこと。ネットは元来災害に弱いものですが、サーバー網さえ生きていればOK。モバイルや携帯電話などのアクセス媒体が問題となりますが、それらが完全に停止した状況というのを、まだ一度も体験したことが無いので。
 これは余談ですが、以前ライブドアのプロ野球参入の時にも、見せかけだけのライブドアじゃ絶対にダメだということを言いましたが、私のこういう予言は意外と当たるので(笑)、莫迦に出来ません。
 で、災害などの情報を提供するのがNHKの使命、としきりに言うけれど、必要なのはラジオだけでしかもNHKである必要がなく、またテレビは全く不必要です。現場の映像をだらだら流すのは、視聴者の好奇心を満たすだけで、当事者にとっては全く無意味です。むしろ、人心の不安を煽り、視聴率を確保しているだけじゃないか。
 実家で長崎大水害があった時はラジオさえ利用したことは無かったです。正直、そんな余裕は無いから。(笑) 情報、情報、というけれど、情報が入手出来てもそれは不安が和らげられるだけで、ほとんどは役に立ちません。避難先なんて自治体で確保されているし、大雑把なことさえ解っていれば、それ以上は必要ないのですよね。

 NHKさん、押し売りなんてしないで、思う存分スクランブル放送をしてください。スクランブル放送にしないのは大部分の視聴者が付いてこない、と怖れているからじゃないかな。


日本一球団を取材に来ないNHK
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200602/bt2006020304.html
 清原選手、古田監督、野村監督、と視聴率の取れそうな面々だけを取材し、日本一球団を取材に来ないNHK。正直、清原選手なんて公共放送が採り上げるほどの選手じゃないし、古田監督はペーペーの新監督。野村監督だって最下位弱小球団にやってきた一老監督に過ぎません。視聴率の取れる、いわゆるマスコミ受けする素材だけを取材するような放送局に、公共性なし。

Posted at 2006/02/03(Fri) 12:09:36

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「電波垂れ流し押し売りNHK」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

電波垂れ流し押し売りNHKへのコメントのRSS