I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

グリーンピース=環境テロリスト

http://www.cnn.co.jp/science/CNN200601090005.html
 まだ狂信的テロ活動やってるんですね、この人達。因みに捕鯨反対の根本的理由というのは『鯨が賢い生き物だから』――これだけです。こんな阿呆な理窟以外には何も無いんです。そしてこうした人達が西側に多いのは、聖書の悪影響以外の何んでもないでしょう。知的=特別な存在(神の加護)というのが、聖書世界の価値観です。アジア世界ではもちろんそんなことはなく『一寸の虫にも五分の魂』といいますし、時には無生物ですら、全てが等価です。
 捕鯨反対国の表向きは鯨の絶滅危機などを訴えていますが、実際には鯨は貴重な海洋資源を食い散らす害獣です。何より、既に調査の結果によると既に鯨は数が増えすぎており、このところの鰯の激減は鯨の増えすぎが大きな原因である、というのが真っ当な学者の意見です。このままでは鰯が絶滅してしまうかもしれませんが、グリーンピースは決して鰯の保護は訴えないでしょう。鰯は頭が良くないからです。乱獲が原因だと言い張るかもしれませんが、鯨の食事量は人間の漁獲量よりも圧倒的に多いことが既に明らかにされています。
 
 頭が良いか、悪いかで命の価値を量るのは、とても危険なことです。動物に適用するのですら危険なのですから、それがもし人間に適用されたらどうでしょう? 歴史的に、人間は民族の優性を主張するという数多の失敗を繰り返してきましたが、知的かどうかということほど、無意味な判断基準はありません。

Posted at 2006/01/10(Tue) 01:54:56

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「グリーンピース=環境テロリスト」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

グリーンピース=環境テロリストへのコメントのRSS