++堂本剛と「Fashion & Music Book」ラジオレポ++
毎週土曜日 22:00〜22:30 bayFMでオンエア中の
堂本剛と「Fashion & Music Book」ラジオ のレポです
レポをしてくださる方の負担を軽減するためにレポのお手伝いをしてくださる方募集中です。mailtoこさかママ
レポの無断複写・無断転載を禁止します。

#173

bayfmお聴きのみなさんこんばんは堂本剛です。
さ〜堂本剛とFashion & Music Book今週も始まりました。

え〜今日はですね。最初十代の方なんですけども。

ももこちゃんメールが来まして。
『剛さんこんにちは。いつも素敵なラジオありがとうございます。剛さんはとっても素敵でなんだか他のタレントさんと違ってキラキラしています。私はあなたの虜です』と言うね え〜すごく恥ずかしくなる様な二行を頂いております。
先ず ありがとうございます。そんなにキラキラしてないです。

え〜私は剛さんに大切な人といっぱい話をする事を大切にして下さいと言う様な事をこちらのラジオで言われたんですが。
『私は今 自分にとって大切だと思う人にラブレターを書いています』と言うね。『ラブレターの相手は結構剛さんに似ています。自分の道を進んで行ってキラキラしている所がよく似ていると思います。剛さんは、大変な量のラブレターを貰ってモテモテで困ってるかと思いますが 剛さんは恋文をラブレターを書いたことはありますか?あったら教えてください知りたいです。私は剛さんの【歴史】と言う曲が大好きですよ。剛さんに出会えて幸せだと思っています。これからもずっと大好きです』と言うふうに言って下さってるんですよね。
ん〜じゃあこの後に【歴史】をかけましょうけれども。


あの〜小学校の時に〜あのラブレターと言う様な物ではないけれども書いてはいますね。でーえっと素直な気持ちを伝えたんですけれども〜。あの〜『私には今やりたい事がある〜からちょっと難しい』って言われて。あっやりたい事があるから仕方がないって事で 『あ〜そっか』って納得をしたんですけれども。そっからちょっと経ってえっと僕の友達と付き合ってましたね〜その子が。あれっ?って言うそう言う話が僕は過去にありますね 。ん〜でその後も僕の友達とって言う結果僕とは何にもなかったって言うのあるんですけれども。え〜そう言う思い出がありますね。
ん〜。で僕がその子を好きになった理由はですね〜。え〜よく笑うだからまぁ天真爛漫って言う明るくなりますよねその場が。で後ね 字がキレイって言うそんなポイントでした。それを改めて今思うと女っぽいですよね。そう言うポイントで人を好きになるって言うのが。んーあの目が大きいとか 例えばですよ何か髪型が何かどうでこうでとかって何か その男の人が人を好きになる理由って言うのって もうちょっとあるんですよねそう言う外見的な物って言うんですかね?あるいは内面的な物って言うのであるんですけれども。その何か字がどうとか う〜んあんまそう言うピントの合わせ方しないんだなぁ〜って何か色々な男の人の恋愛観聞いてるとう〜ん。

だから…と言う事は人を嫌いになる瞬間も結構女の人と似てると言うか。細かいとこで あ〜もうないわ と思っちゃったりするう〜ん。
例えば自分の仲間に対してえっ?そんな感じの事言えんの?とか。イヤそんな態度取れんの?みたいな。あーちょっと無理かもって言う仲間を取っちゃうって言うか。うん…だから非常にあの母もそうですし姉もそうですけれど女性と言う物が傍にいる環境でずっと育って来てるから何か分かるんでしょうね。女の人のその見えない部分って言うのが見えるんでしょうね私生活の中で。う〜んだから女の人を好きになるポイントって言うのが、何かそう言う所がない人。そう言う所欠けてない人とかって自分の中で何か勝手に判断するんでしょうね。う〜ん。

やっぱね字キキレイって凄くポイント高かったですね僕の中で。ん〜字がキレイって言う事は 今この人がどうかは知らんけれども。根本的に何かキレイな気がするって言う気がしちゃうんですよねうん。例えば優しいって言葉書くとかあるいは美しいとか え〜〜〜〜〜〜晴天とかさ例えば青とか赤とか例えばその文字があるじゃないですか?喜ぶとか幸せとかって書く時のその文字のタッチが、本当にその言葉の意味を汲んで書いているなって言う何か字が聴こえて来る感じってあるんですよ僕の中で。
でそれは男性でも女性でも何か字キレイってやっぱいいなぁ〜と思いますよね。僕はだからその子が好きで習字にも通って。そうで習字通う度にどんどんポイントが上がっていくって言うどんどん昇格していきましたね。『堂本くん字いいね〜』みたいな何かう〜んだから僕その子が通ってたからと言うよりもまぁ〜たまたま何かそうなったんですけど。一緒の所通ってまっ何人も色々人がいてうん。それもあったんかな?その習字の何かあの文字見てても『あ〜キレイに書かはるなぁ〜』とかも思ってたんでしょうね。だからどっかこう昔から日本的と言うか古風と言うかそう言う女性に惹かれやすいんだと思いますね。う〜ん未だにそうですからねやっぱ何かこう古風な一面を持ってる人の方がいいなぁ〜って思ったりしますからね。

ん〜まっでも。この自分にとって大切だと想う人?ん〜とはやっぱり話を沢山した方がいいなぁ〜と思いますね出来るならばね。ん〜まーももこちゃんも大切な人にこのラブレターを今送ったのか送っていないのかちょっと分かりませんけれどもね。えー相手に伝えるって言う事は素敵な事だと思います。それではももこちゃんが好きだと言って下さってるんでこちら【歴史】聴いて頂きましょうどうぞ。


♪歴史♪




さっここでリスナーの皆さんからの頂いたメールをご紹介していきますが。ちょっとざっとまず読みまして頂きますね。

え〜まずですね え〜愛ゆえにさんがですね。
『私は奈良に住んでいる中二の女の子です』と『で今一番気になっている事があると言う事で え〜それは今平城京の跡の一部が埋め立てられると言う計画が行われているそうで 今まであった自然がなくなってしまうみたいですと。でも地面の中にはまだ遺跡があって凄い所では15儔爾砲△襪修Δ任垢茲函私はある程度整備されているのはいいけれどもやっぱり前の風景の方が大好きです。剛さんはどう思いますか?』って。


え〜そして大阪市のあやちゃんがですね〜。
『あの結婚して一年が経つんだけれども。両家の親から早く孫が見たいとまわりから言われて その子供はまだか?とか色々言われるんですけれども。でもそう言う物に対してちょっと気持ちがえ〜疲れてしまっています』と言うね。ん〜まぁ『もうちょっと待ってと言うんですけれど。もうちょっとしっかりちゃんとして子供育てる環境が作れてから あの〜って考えてんねんけど とか色々言うんですけれども色々と急かされると。何かアドバイス下さい』と言う事です。


え〜とーこさんはですね。
『私は今と言う時代を十五歳と言う年齢で生きていて。本当に人の役にたとうとしてる大人の方の様になりたいと思っていると』ん〜言う風なメール頂いたりします。まっこれざっと読ませて頂きましたけれども何か色々な悩みがねっ まっ人間ですからま〜やっぱりあるな〜と言う。

で まぁこの遺跡、奈良の平城宮跡のあの〜埋め立ての事もそうなんですけれど。僕も聞いたんですけれども まっ非常に〜まっ僕としては率直な意見としては さっきの話ですけれど素直に言いますとまっ残念ですね。
ん〜何で?って思いますね。ん〜〜〜って言うか。僕はこのエリアをま〜その国が持ってはるとか でま〜奈良が何処までね権利をあ〜だこ〜だ出来るかと。まっそう言うのでも結構シビアな場所なんですよ。で僕はずっーとここでliveやりたいって言う事で結構志願して来たんですけれども。中々そこであの〜音楽をやるにあたってその音楽の周波数って言うかあの音量って言うのがもう定められているんですけれども。まぁまわりにも住宅がございますから。でもその音量って言う物をちょっと守り過ぎちゃうと非常にちっちゃい音なんですよね でそうすると中々liveと言うliveは出来ないじゃないかとか まっ数々liveはされてはいます。その大極殿でもね。ん〜そん時もでもやっぱり色々クレームが出てきてもうそれは仕方がないですよね。

でもとにもかくにも僕がこの平城宮跡以外でもそうですけれども〜何かあの〜〜〜色々計画経ててやってらっしゃる方〜からの話も色々聞く〜中で まぁ〜思った事は。
奈良で何かをしたいと思ってる人と何もしてくれるなって思ってる人の温度差が激し過ぎると言う。うんもう水と油ぐらいですね何かこう混ざらないなぁ〜みたいなん〜そう言う印象が凄くありますね。ま〜僕なんかはま〜外に出てえ〜東京行ったり海外行ったりしてやっぱ奈良って凄い場所だなって自分が大好きな場所でもあると同時に この場所でアーティストが何かあの〜自然とふれあいながらえ〜作品を作る事だったり人々の生活の中に入り込んでいって何かをやる事 ん〜〜〜〜何かそう言う事とかがもっともっとあると東京を中心としたアーティスト達が更にーあの感性をあのー解き放ちながらあの東京で最先端のアートや音楽ファッションって言う物をする様になるのになって何か思いました。


やっぱ東京ですべてが済んじゃうんで東京でやるとなると規模がちょっとちっちゃくなったり規模を大きくしようと思うとお金が凄くかかったりしますよね。でも何かこう昔のあの〜歴史のある場所ここに都があった訳ですから 何かこの場所そう言うイベントって言う物が月に一回毎月一回やっているって言う様な状況とかがある方がですね凄くあの〜日本をあの救う活力になると僕は思ってるんですよこの何年か。
で海外のアーティストもそうですけれどもこう言う場所であの野外で音楽をやるとか アート展示をやるとか個展をやるとかって言うその野外の個展やってもいいじゃないですか?だから何かそう言うあの事を僕はもっとやればいいのになぁ〜ってずっと思いながら色々話してますけれど〜まっそうならないと言う事はそうならない様に力が働くんですよね。
だからその力をどういう風に流していくかって言う事を考えないといけないんだけれども。まぁ中々なっていかないと言う事はそう言う事でしょうね。
ん〜難しいんだと思いますよね。

ん〜でも僕はもう大いにまっやった方がいいとずっと思ってはいますけれどもね。ん〜〜まぁ今回その埋め立てるって言う様な話聞いて ん〜非常に何か残念ですね 勿体無いなぁって思います。ん〜だってこの景色を見て育った人達もいれば ん〜〜〜これよりももっと前の景色を見て育った人達もいるし。まっあの〜今?日本があの色々な事にあの挑戦していかなきゃいけない時代なのに ん〜昔の物を何かこう無しにしていくって言うのはちょっと僕はあのエネルギーにはならない様な気がしますよね。ん〜やっぱ昔の人々がこう言うふうに住んだと言うまっ情報がん〜こう言う景色にもやっぱりありますから。ん〜遺跡にもありますしね。だからま〜もうちょっと何か活用した方がいいんじゃないかなぁ〜と僕は思いますよね。



でまぁ あの〜お子さんの話もありましたけれども〜自分達が今だと思う時に作らはったら絶対に僕はいいと思いますよ。だって子供を育てていくって言うのは〜非常に大変な事で。ま〜僕育てた事がないからあの偉そうには言えませんけれども でもやっぱり養育費とかお金とか色んな物がかかってきてね時間も必要になってくるし自分達がねぇどういう仕事に就いてるかとか主婦に専念してるのか何だこうだって色々なその噛み合いバランスがあって その子供が育つ環境をよくしていける訳ですから。やっぱり子供を育てている時にねあのお父さんお母さん仕事にとにかく出かけるだけ出かけてお金を稼いで で後はその誰かに預けてとか施設に預けてで でまた引き取りに行くとかってやってあの結ばれていく縁も勿論ありますよ。育っていく子供の才能もありますよ。でもやっぱり何かこう親ならば傍でずっとその成長を見守って行きたいなと言う想いとかもあるでしょうし もしその想いが強かったりするんであったり色々な状況がまだ納得出来ないのであれば ん〜整えるしかないですよね。


ん〜だからあの将来役にたつ大人になりたいんだって言うふうに思って今を生きているって言う10代の子の話とかもあったけどそれでいいと思いますよ。本当にう〜ん。自分がそう思うならそれで僕は絶対いいと思います。ただ その自分の感情だけを話してると単なる我儘なんで相手はどういう風に思っていてこういう風に思っているって言う事をちゃんと配慮して納得してから自分の感情を伝える。伝えると言うよりも感情を伝えてあげると言う様な位の感じで伝えていくとそれが世間でもそれは時代でもそれは あ〜家族でもそれは あ〜恋人でも何でもそうなんだけれど土地に対してでも故郷でも何でもそうですけど色々理解をまずしてあげる?そこをう〜ん。


だからその平城宮跡でliveをやると言う事も僕の夢ではありますけど。それをやる事によってまわりの人達大変やなって言うのあるじゃないですか? でそれをやっていいと言ってくれる人もいればうるさいねんボケって言う人もいる訳じゃないですか?んだから自分がいやいやそれでもやんねんと。例えばスタッフの人動かしてとかやるで〜って言ったらやれる話だと思いますよ。んでも僕はあえてそれをあの無理な力を働かしてやる方向には持っていきたくないから僕はずっとやってないです。


うんでも何か〜う〜ん奈良フェスとかやりたいですねぇ。ん〜この平城宮跡の後でshamanipponフェスとかやりたいですね。で自分友達のバンド呼んで何日間か音楽とか音楽じゃない日もあってって言うのやりたいですね僕は。ん〜最初は自分のliveとかやりたいなと思ってましたけど何か皆で色々こう考える場としてこの昔人々が住んだ都が僕はあるべきじゃないかなと最近は思ってますよね。だから何かそう言うshamanipponフェスみたいな物が出来る時がきたら うんいいな。ミュージシャンは皆shamanipponフェスやりたいねとか言ってくれてますけど。まぁそれやる為には本当に色々な説得が必要なんですぐには出来ないけど うんでも公言したって言うか口に出した事は物事は始まっていくって言うこの不思議な言葉の力って言う物も人間って言う物は持っていますからうん 口にしてればいつか始まるんじゃないかなって思っている様な物ですけれどもね


で あのうちはあの中々飲食に厳しいので色々出してあげたいんですけど〜飲食のOKが中々出ないんですようちって。んやっぱりお客様の体内に入っていく物なんでうん慎重に取り扱ってるんです。僕は当たり前の話やなと思ってだから聞いてるんであの無理に何かやりたいとは僕も言わないんです。ん〜だからちゃんと理由があるんですよ物事をアカンと言われる物に対してのうん。ああそうかなるほどなって思いました。だから自分の要望を言う事によって初めてああそう言う考えのもとOK出してないのかって言うなるほどなってだからあのね音楽もネット配信したいなって言う気持ちはずっと何年もありますけれどOKにならない理由って言うのが色々やっぱあると。ん〜ああそうかって。ネット配信してくれたらもっと色んな所に音楽届くのになぁとは思いますよ。それ僕だけの話やからね。ん〜まっそれによって何かねレコード会社の方でも変わっていく動きあるかも知れへんけど損する可能性もあるしね。ん〜てっなるとん〜そっかって思うしかないうん。


でも そう言う様な話がこのまぁラジオで出来るって言う事で え〜僕のこう色々なフラストレーションが無くなっていくって言う。うん非常にいい仕事をしてますよね。だからん〜非常にだから皆さんもま〜色々な人生ね うんやっぱあるんですけれども。自分が将来そのどういう場所に立つかって言う事を何かこう考える為には今もそうですし過去もそうですけれどちょっとさかのぼってみてね ん〜これだけは未来に持っていかなければいけないって言う物が うんもう少し明確になった人生を生きると ん〜凄くいい様な気がする。それの連続をする事によって自分があ〜子孫を繁栄していた時も受け継いでいくと思う。だから、今自分が凄く苦労している人生やなと思ってはる人はもちろん自分の為でもあるねんけれども 自分のその次の未来だったりとか自分の今のこのまわりで支えてくれる人の為だったりとかって言うふうにして何かこう生きていくと凄くあの自分がどんどんどんどんあの〜暗くなっていかないなぁ〜と僕は思うんですよね。ん自分でも自分が嫌いになる瞬間とかもあるじゃないですか?そう言うのも少なくなると僕は思うんですけれども。ん〜様々な想いで皆さんに聴いて頂ければなぁ〜と言うふうに思います。それでは【未来への忘れもの】聴いて下さいどうぞ。


♪未来への忘れもの♪




まっ今日はあの〜色々な自分のま〜意見と言うかまっ意思と言うかまっ色々な皆さんのエピソードを頂いてえ〜ちょっと大きく喋ってしまいましたけれども。でも本当にま〜何かこう素直にね生きれるといいんですけどね〜ん〜でも素直に生きるって言う事はま〜確かにそうかもね。あの傷付く事は多くなっちゃうからね〜しんどいかもね。ん〜でも得る物は凄く大きいですけどね。ん〜出来る限り何か素直に生きれたらなぁ〜とやっぱり僕は思うかな?ん〜皆さんね色々な エピソードをねこの素直に僕に伝えてくれはるって言うこのアクションか始まる事っていっぱいありますからね。
ん〜これは人には言えないけれどもまっラジオにはこうやって送る事が出来たりとかうんでもやっぱり何かこう伝えるとか 何かこうアクションしていくって言う事はね うん凄く素晴らしいうん人生短いねんからその中であの素直に生きるって言うのは凄く素晴らしい事だなぁ〜と思うので え〜是非ねまぁこのラジオ聴いて頂いて。うんちょっと何か強がってるな〜自分とか 何か自分に嘘ついてるなぁ〜なんて思う方もしね何かこう共感して貰える様な言葉がもしあったのならば、何か1つでもね自分らしくんトライしてみて欲しいなぁ〜なんて言うふうに思います。



メールの方は・・・ tsuyoshi@byfm.co.jp
FAXの方は  ・・・ 0433518011
はがきの方は・・・ 〒261-7127 byfm


え〜堂本剛の最近の近況でございますけれども。
え〜ちょっと雑誌のDomaniさんと言うですね え〜まぁファッション誌なんですけれども。え〜こちらで連載をスタートしておりましてえ発売が12月1日なんですけれども。
んまっこれはもう本当にあの自分が今どんな風に生きてるかって 言う事をインタビューでは語らして頂き でま〜ちらっとファッションの紹介もさせて貰ってますけれども。あの載ってらっしゃる方々がもう非常にあの30代40代ぐらいのキレイなキャリアウーマンと言うか、まぁそう言う方々がばぁ〜っと載ってまして、僕なんかがあのアドバイスをするファッション性の物ではないのかも知れないとか色々思ってたんですけれども。『何かその堂本さんの生き方みたいな物をインタビューで語って頂きながらファッションを紹介して頂くとそれによって励まされる女性が少しでも増えるんじゃないかな〜』なんて言うふうにも思いましてと言う事でまぁこの連載が始まって行ったんですけれども。

まっご縁のある方でねスタッフの方も。うんで、それでまぁそう言う方々も多分色々打診頂いたり何だか色々あってまぁこの企画も決まったんだろうなぁとか言って感謝の念もありましたので是非やらして下さいと言う事でやらさせて頂いております。まっ是非こちらの方もですね色々僕がいやぁ〜女の人ってこうですよねとかええ人間ってこうなんですよねみたいな事も話してますので是非皆さんそちらの方もね興味深く聞いて頂ければなと言う風に思います。さっと言う事でございまして今夜はですね【赤いsinger】と言う曲を聴きながらお別れしたいと思います。堂本剛とFashion&MusicBookお相手は堂本剛でした。それでは皆さんまた来週お会いしましょう。おやすみなさい。

♪赤いsinger♪


2012/11/24 by ヨーキー [178]

No. PASS
<<2012年11月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

* 11/24 #173

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
レポ投稿
PASS
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.06