I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

産経web;
中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始


中国の企業が西日本を中心に全国各地の水源地を大規模に買収しようとする動きが、昨年から活発化していることが12日、林業関係者への取材で分かった。逼迫(ひっぱく)する本国の水需要を満たすために、日本の水源地を物色しているとみられる。

 毎日お風呂に(湯船にお湯を張って)入っている民族って日本以外にどんな国があるんでしょうね。シャワーだったら、欧米など先進国には比較的多いでしょう。また、どこかの少数民族が入浴好きの文化を持っていると記憶していますが、多分、湯船にまで浸かるのは、ほとんどないと思います。
 それだけ、日本は水が豊富で、諸外国は水が不足しているわけです。
 アメリカ、オーストラリア、中国などが水不足なのは想像が容易につくでしょうけれど、日本と距離がほとんど変わらない、お隣韓国でさえ水不足です。
 位置的には非常に近いですが、降水量が信じられないほど少なく、水源不足で水の使用量に制限があるので、入浴はせいぜい一週間に一回程度です。水は非常に高価なものなのです。
 多分エンコリだったと思いますが『我々韓国人でさえ滅多に風呂に入れないのに、チョッパリ(日本人への蔑称。中国で言う日本鬼子のようなもの。韓国旅行へ行くときはこの言葉を使わない人だけを信頼しましょう)ごときが毎日風呂に入っているなんてあり得ない』などと見当違いなことを書いている韓国人さえいるくらいです。しかし、この場合は韓国人の方が世界的には多数派。日本の水は世界的に見て、信じられないほど豊富なのです。

 さて、そんな世界の状況に対して、日本はもう少し危機感を持った方がいいと思います。日本ほど気候的に恵まれた国は、他にありません。本心から日本を支配してやろうなんて考えている人々は世界中に沢山います。
 市場主義だの、コスモポリタニズムだの綺麗事言ってる場合じゃないです。特に日本の近くには、今でも帝国主義の国があれば、かつての栄光を再び取り戻そうとしている国、そして狂犬のような人々を抱えている国もあります。安保条約がなくなって、アメリカ軍が日本からいなくなれば本気で攻めることを考えます。
 一方、日本の自衛隊には三日分の弾薬しか用意されていません。特別な規格なので輸入で補充はできません。幾ら世界最新の装備でも、たったの三日間持久戦をやれば、もう抵抗する手段がないのです。その間に国連軍が助けに来てくれなかったら? もし国連の議長が当の攻め込んでいる国の人だったら(「これは戦争ではなく解放である」の一言で、幾らでも決議を引き延ばせるでしょう)
 あなたが仮に王様だったとして、そんな国が隣にあったら攻め込んで支配しますか? 攻めずに指を銜えて見ているだけですか? こんなもんは考えるまでもないことです。ほんとに。
 世界的バッシングなんて、ほんの一年も経たないうちに忘れられます。今、どれくらいの人々がチベット問題について真面目に論議しているでしょう?

 さて、こういうことを書くと、ネトウヨ乙などと大騒ぎする人がどこからともなく涌いてきますが、ほとんどがなぜかインターネット喫茶のIPだったり、なぜか公開プロクシー経由だったり、なぜか日本語が不自由だったり、何をか言わんや、です。
 以前、2chで意味不明な発言を繰り返していたとして朝日新聞からのアクセスが規制されていましたが、その後、突然ネトウヨ煽りが激減するなど、いや、ほんと、面白いですね。
 youtubeなど、世界中の人々が集まる場所で、世界中の人の意見を読むと視界が一気に広くなります。WW2以降の日本の異常に卑下した歴史観がいかにおかしいか(ナチスのことで現在のドイツに謝罪と賠償を要求する欧州国は現存しません)ってのも実感できますし、「ネトウヨ乙」なんてのも、日本だけだって思い知らされます。外国で言うところの「それは民族主義だ」という指摘とは、かなり異質なんですよね。むしろ、左翼の『総括』に近いです。

Posted at 2009/05/13(Wed) 12:09:59

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「水」へのトラックバックのRSS