I teie nei e mea rahi no'ano'a

文学・芸術など創作方面を中心に、国内外の歴史・時事問題も含めた文化評論weblog

子供が生まれたときは夫よりも母の方が頼れる

読売ONLINE;第一生命、孫誕生でも“産休”導入へ
 そもそも孫の生まれるような人が現役で働いている世界というのが少なかったので、盲点でした。
 どう考えても、旦那が休んだところで、邪魔なだけであまり役に立たないような……。せいぜい出産に付き添ったりするのが限界かな。
『子育てへの参加』って、言葉は簡単ですが、現実にはなかなか難しいものが。一人暮らしの長い夫だったら、ある程度家事を任せることもできますが。

 実家では、甥を育て上げたのは、私のオカンでした。姉は子供と一緒に遊ぶだけ。ペットと一緒ですよ。(笑) 自分の飼い犬の散歩も餌やりも、はじめの頃こそ自分でやっていましたが、後年は全てオカンに任せていました。
 同様に、子育てもはじめはやる意思があったようですが、飽きてしまったのか、面倒なことは皆んなオカン任せになっていました。

 これが核家族だったら……? 怖いですねぇ。

Posted at 2006/09/29(Fri) 10:20:21

ニュースより | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL

この記事のトラックバックURL ->

↑ページの先頭へ

この記事へのトラックバック

「子供が生まれたときは夫よりも母の方が頼れる」へのトラックバックのRSS

この記事へのコメント

名前

E-mail(※スパムトラップですでの何も書かないでください)

コメント


コメント本文以外は全て入力不要です。

子供が生まれたときは夫よりも母の方が頼れるへのコメントのRSS