今までのママンボ


 2004年の秋TOUR のGOODSの一つに「メールブロック」なるものがありました。ママンボの使っている携帯電話は「INFOBAR」と言って最近では珍しいストレートタイプの携帯な為、液晶画面が汚れやすいので、即行でこの「メールブロック」を購入。しかし、横着者のママンボは自分の携帯の液晶画面のサイズに「メールブロック」のシートをカットしなかった為、ほんの数ミリだけ携帯からシートがはみ出してしまう始末。しかも、「画面がロゴでブロックされ過ぎて見難い」などと文句を言い始めたから始末に終えない。
 しかし、この状態も長くは続かず…年が明けたある日、「そこの私の携帯電話を取って」とママンボに言われたので取った時に、例の「メールブロック」が外されているのが判ったので、「液晶、どうしたの?」と聞いたら、「そうなのよ!最近、液晶画面が急に見やすくなったの♪」と、トンチンカンな返答が来たので、「だって、『メールブロック』外したからでしょ!」と指摘したら、「あらっ!ホントだっ!無くなっている!道理で見やすくなっているわけだわ!」と、やっと気付いたママンボ。あれだけの『メールブロック』が剥がれたら直ぐに気付くもんだと思うんだが、ママンボは急に液晶画面が見やすくなったと解釈するんだからさすがです。そんな訳で、いつどこで剥がれてしまったのかも謎な状態だったりする。


 もう一つ携帯電話のエピソードを。
 ママンボとななんぼは同じキャリアの携帯電話を使用しているので、メールで絵文字使ってやり取りすることが可能。友達で絵文字を使える相手が少ないので、ママンボ相手でも絵文字を使うななんぼなのですが、最近はママンボも負け時と絵文字を使ってくるようになった。しかし、その使い方が理解不能。
【例】
ななんぼ「頼まれたCDを買っておいたよ(スマイルマークの絵文字)」
ママンボ「ありがとう(怒マーク・怒マーク・怒マーク・怒マーク・怒マークの絵文字連続5個!)帰りに大根と玉ねぎを買ってきて下さい」

 …て、皆さんどう思います?私は「何でCD買ってあげたのに怒られなくちゃいけないんだ?」と思いましたよ。その後に「絶対に野菜を買って来い!」という脅迫な意味が含まれているのか?とも考えましたが、どちらにせよ好意より敵意がある文面にしか思えなかった。真意が判らなかったので帰ってから、「このメールはどういうつもり?」と問い詰めたら、「あら!そんなマークだったの?てっきりお花のマークだと思っていた。ホラ、あなたの携帯に比べて私のは小さいから絵文字も小さくで判り難いのよ!」と言い訳をし始めたのであった。でも、ママンボの携帯の液晶画面を確認したけど、バッチリ「怒マーク」って判ったけどね。
 とりあえず、「他の人に絵文字を使わない方がいいよ」と忠告しておきました。間違いなくあらぬ誤解を生むからね。


 今年の4月から開催される「日本におけるドイツ年」のイメージキャラクターに高見沢さんが選ばれましたが、その情報を『Kトラ』を聞いて知ったママンボが、「今度、高見沢さんがドイツの式典のマスコットキャラクターになるのね」と意味不明なことを言ってきた。イメージキャラクターとマスコットキャラクターはだいぶ違うと思うんだが、ママンボの中ではそう大差は無いらしい。ま、別にマスコットキャラクターでもいけそうだけどね。「たかみー王子」で(笑)。


 ママンボは大のDisney好きである。クリスマスシーズンは毎年友達と泊りがけで行くほど。そして、2004年のクリスマスシーズンも友達と泊りがけ(ミラコスタホテルだよ!)でDisney SEAへ行きました。でも、そこはママンボ「せっかく行くんだから!」と、DisneyLandの近くにあるSHOP「ボンボヤーズ」や、アミューズメント施設の「イクスピアリ」、アンバサダーホテルにまで足を伸ばし、そこでしか売っていない期間限定アイテムをget!しかも、Disney SEAの様々なショーやパレード時の間もしっかり把握していて、Disneyリゾートライナーを駆使して分刻みであっちこっちに移動して、見たいパレードは全部見たというから凄い。
 で、フツーはここまで動き回ると翌日以降に疲れがドッと出るものですが、ママンボはDisneyリゾートで遊びまくったり、アルコンで大盛り上がりした翌日以降の方が子供達がウザッたいと思う程すっごく元気になります。だいたい、Disneyリゾートから帰って来てからの1週間は自慢話が延々続く。「若さを吸い取ってきたわ♪」と言うのですが、もしかしたら嘘ではないかもしれない(笑)。逆に、多忙&金欠状態が続いてアルコンやDisneyリゾートなどに遊びに行けないと、何故か風邪を引きやすくなったり具合が悪くなりやすくなってしまいます。非常に判り易い人でもあります。


 【番外編】
 今回はママンボ意外のネタを(笑)。
ママンボは祖母(姑)と同居生活数十年になるが、この祖母がママンボの上をいく天然系。とにかく、話を10倍20倍に膨らませてしまう人である。過去に店が放火未遂でボヤになったことがあり、早朝に警察か電話があったのだが、ちゃんと「ボヤ(ちょっと壁の一部が焦げただけ)」と説明されたにも関わらず「店が全焼」と解釈してしまい、そのことをダイレクトに弟に伝えたものだがら弟が早朝から大パニックになったことがあったり、ななんぼが健康診断で胃の再検査に引っ掛かり、「ポリープが見つかって悪性か良性かを胃カメラ飲んで調べなくちゃいけないから、大きい病院に行くハメになった」と伝えたら、何故か「孫が胃の病気で手術しなくちゃいけなくて入院することになる」という話になっていて、滅多に電話をしてこない親戚から確認の電話が掛かって来て焦ったこともあった。
 …と、こういうことがほぼ日常化しているので、祖母の話は話半分以下に解釈するようになっている。
 で、そんなある日、滅多に風邪を引かない父君が十数年振りに風邪でダウンし、「風邪で店を休むなんて初めてでは?」と、店員さん達ですら驚いた事が起きた。まぁ、こういうタイプは薬を飲んでちょっと休めば短期間で回復してしまうのですが、ママンボは「念の為」と2日間ほど大事をとって父君を休ませました。でも、変に日数を休むと祖母が「本当は重病なのでは…」と不安になってもいけないので、「もう熱も下がって病院に行く必要もないですけど、ぶり返したらいけないから大事を取って休ませます」と祖母に説明しました。しかし、またもや話が10倍にも20倍にも膨らんでしまい、数時間後に伯母さんから「『熱が40℃近くもあって病院にも行けないくらい悪い』って聞いたけど、大丈夫なの?」と心配の電話がママンボにあったのであった。もう見事なまでに真逆に伝わったわけですな。もちろん、伯母さんも祖母の性格は重々承知しているので、「たぶん違うんだろうな」と思って確認の電話をしたらしい。

 こういう家族なんで、絶対に電報ゲームはまともに伝わらないって自信はあるよ(笑)。天然系が2人もいるんだもん。


※2005年を迎えたので、2004年版の過去ログは全て削除しました。「過去ログを残さない」というのが、このコーナー存続の為のママンボとの約束です(笑)。