U

UDDI(ユーディーディーアイ)
Universal Description, Discovery and Integration (UDDI)の略です。
URI(ユーアールアイ)
Uniform Resource Identifiersの略です。インターネットでのホームページやファイルなどを示すとともに、本のISBNコードなどのインターネット以外に存在するものを表すことができる点がURLと違うところです。
URL(ユーアールエル)
Uniform Resource Locatorの略。インターネットでのホームページやファイルなどのありかを示す表記の仕方のことです。
  • アクセス手段://ホスト名:ポート番号/ホスト内のありか
私たちがよく知っているアクセス手段にはhttpがありますね。httpの場合、ポート番号は80がよく使われます。URLの例を載せてみますね。よくご存知のものですよ... (^ ^;
  • http://www6.airnet.ne.jp/manyo/index.html
UTF-16(ユーティエフ・じゅうろく)
UTFはUnicode Text Formatの略で、UTF-16はUnicodeのテキストを入出力する時に用いるフォーマットのひとつで、すべて2バイトのコードになることが特徴です。
UTF-8(ユーティエフ・はち)
UTFはUnicode Text Formatの略で、UTF-8はUnicodeのテキストを入出力する時に用いるフォーマットのひとつで、ASCIIコードについては、まったく同じ1バイトのコードになることが特徴です。ですから、英語で表現されるXMlテキストのコードには、このUTF-8が向いています。
用語
用語の説明

V

用語
用語の説明

W

W3W(ダブリュ・さん・シー): http://www.w3c.org/
World Wide Web Consortiumの略。インターネット関連の標準を策定しているところです。XMLに関する標準はこの組織で検討・策定されています。以下に、W3Cで策定される標準化作業の状態をあらわすキーワードを載せておきますね。
  • WD(Working Draft): 標準化作業中の草案
  • CR(Candidate Recommendation): 標準としての勧告の候補となったもの
  • PR(Proposed Recommendation): 勧告候補を公開(仕様がほとんど固まった状態)
  • REC(Recommendation): 正式勧告
WML(ダブリュエムエル)
Wireless Markup Languageの略です。XMLをベースにした携帯機器用の言語です。
WWW(ダブリュダブリュダブリュ)
World Wide Webの略。世界規模(World Wide)でクモの巣(Web)のようにネットワークを張り巡らすことから来ています。いまでは、インターネットで情報流通をさせるしくみのことも言うようですね。
用語
用語の説明

X

XLink/XPointer(エックスリンク/エックスポインター) : http://www.w3.org/WD-xlink, http://www.w3.org/WD-xptr/
XMLテキストのリンクのための仕様です。HTMLで利用されていた一方向のリンクだけでなく、双方向のリンクや複数のリンク先などが可能となっています。XPointerは、リンク先の指定方法についての仕様で、XPathという仕様を含んでいます。。
1999年11月16日にXPath 1.0が勧告となっています。
XMLスキーマ
XMLテキストの構造を定義するための仕様です。DTDに無い型(日付型・整数型など)が使えるように考えられています。現在はまだ仕様が検討中ですが、非常に複雑でその制定にまだ時間がかかりそうです。
XML Processor(エックスエムエル・プロセッサ)
XMLテキストを読み込んでその構造・属性などがどうなっているかを解析して、その情報を何らかのXMLアプリケーションに渡す機能を持ったソフトウェアをいいます。情報を渡すインターフェイスはDOMやSAXなどで定義されています。
用語
用語の説明

Y

用語
用語の説明

Z

用語
用語の説明