用語
用語の説明

実体参照
XMLテキスト内である特定の文字を表すのに使います。たとえば、<や>は要素をあらわすものとして使われますので、文字として<や>を示すのに特別な書き方をします。具体的には、&(アンパッサンド)ではじまり、; (セミコロン)で終わります。XMLであらかじめ定義されている実体参照を示しますね。
  • 実体参照 -- 参照文字
  • &amp; -- &(アンパッサンド)
  • &lt; -- <(小なり)
  • &gt; -- >(大なり)
  • &quot; -- "(クォーテーション)
  • &apos; -- '(アポストロフィー)
用語
用語の説明

用語
用語の説明

整形式(せいけいしき)
XMLの構文に合致しているXMLテキストは、整形式(せいけいしき: Well-formed)なXMLテキストと呼ばれます。整形式なXMLテキストであれば、DTDが無くてもXMLプロセッサで処理が可能です。
セレクタ
CSSの用語です。CSSで指定の対象となるXMLやHTMLの要素を指定する個所のことを言います。よく使われるセレクタは、「要素の名前」です。次の例では、"mkana"がそれにあたります。
  • mkana { font-color: navy; font-weight: bold }
用語
用語の説明

属性(ぞくせい)
XMLテキストの要素(タグで表される情報単位)の特徴的な情報を表すために使われます。
用語
用語の説明