万葉集は全20巻あります。ここには巻1から巻20まで概要を載せています。巻ごとの歌は、それぞれの巻のページをごらんください。

第1巻(0001~0084)

第一巻は雑歌(ぞうか)として天皇の時代ごとに歌が整理されています。また、額田王(ぬかたのおおきみ)柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)などの有名な歌が沢山あります。

第2巻(0085~0234)

天皇の時代ごとに分類し、それぞれ年代順に載せています。柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)のすぐれた挽歌(ばんか)があります。

第3巻(0235~0483)

雑歌(ぞうか)・譬喩(ひゆ)歌・挽歌(ばんか)から成っています。

第4巻(0484~0792)

相聞(そうもん)だけで構成されています。大伴家持(おおとものやかもち)と女性たちとの贈答歌が多く載せられています。

第5巻(0793~0906)

雑歌(ぞうか)だけの巻です。大伴旅人(おおとものたびと)山上憶良(やまのうえのおくら)に関わる歌が多いですね。

第6巻(0907~1067)

すべて雑歌(ぞうか)で構成されています。笠金村、山部赤人(やまべのあかひと)などが代表的な歌人です。吉野などへの行幸の時の歌が多いのが特徴です。

第7巻(1068~1417)

雑歌(ぞうか)・譬喩(ひゆ)歌・挽歌(ばんか)から成っています。いずれも作者不明なものが多いのですが、柿本人麿(かきのもとのひとまろ)の歌集にあるとされている歌がかなりあります。

第8巻(1418~1663)

歌を四季ごとに分けて載せています。各々、雑歌(ぞうか)・相聞歌(そうもんか)があります。

第9巻(1664~1811)

雑歌(ぞうか)・相聞歌(そうもんか)・挽歌(ばんか)から成っています。各々はだいたい年代順になっています。

第10巻(1812~2350)

歌を四季ごとに分けて載せています。各々、雑歌(ぞうか)・相聞歌(そうもんか)があります。特に、七夕を詠んだ歌が132首もあるのが特徴的です。

第11巻(2351~2850)

旋頭歌(せどうか)、正述心緒、寄物陳思、問答などから構成されています。柿本人麻呂歌集からの歌も多いです。

第12巻(2851~3220)

数種類の区分で構成されていますが、作者が不明な歌が多く載っています。

第13巻(3221~3347)

長歌と反歌のセットが多い巻です。柿本人麻呂歌集の歌もあります。

第14巻(3348~3577)

第十四巻は、東歌とタイトルされ、上総・下総・常陸・信濃・遠江・駿河・伊豆・相模・武蔵・陸奥などの国々の歌が収録されています。

第15巻(3578~3785)

第十五巻は、大きく二つの歌の集まりからできていますが、きちんと整理はされていない感じです。一つは新羅(しらぎ)に遣わされた人たちの歌で、もう一つは中臣宅守(なかとみのやかもり)と狭野弟上娘子(さののおとがみのおとめ)との贈答歌(ぞうとうか)です。

第16巻(3786~3889)

伝説歌、戯笑歌(ぎしょうか)などから構成されています。

第17巻(3890~4031)

この第十七巻以降は、大伴家持(おおとものやかもち)の歌日記と言われています。年月の順に歌が載せられています。

第18巻(4032~4138)

特にこれといった分類はされていません。大伴家持(おおとものやかもち)の歌が多く、越中に在任中の歌も多いです。

第19巻(4139~4292)

孝謙天皇(こうけんてんのう)時代の歌を載せています。全体の3分の2を大伴家持(おおとものやかもち)の歌が占めています。

第20巻(4293~4516)

防人(さきもり)の歌が多く載せられています。万葉集最後に掲載されている歌は、大伴家持(おおとものやかもち)の歌です。

v(^ ^) (^ ^)v