原文

茜刺 日者雖照者 烏玉之 夜渡月之 隠良久惜毛

月 撮影(2015.09) by きょう

作者

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

よみ

あかねさす、日は照らせれど、ぬばたまの、夜(よ)渡る月(つき)の、隠(かく)らく惜しも

意味

日は照らしているけれど、(皇子が)夜空を渡る月(つき)のようにお隠れになったことが惜しいことです。

あかねさすは日などを導く、ぬばたまのは夜などを導く枕詞です。

補足

この歌を含む0167番歌の題詞には、「日並皇子尊(ひなみしのみこのみこと:草壁皇子のこと)の殯宮(あらきのみや)の時柿本朝臣人麻呂が作る歌一首[ならびに短歌] 反歌二首」とあります。この歌は、その反歌二首のうちのひとつです。

また、この歌の左注には、「或る本には、この歌を後皇子尊(のちのみこのみこと:高市皇子のこと)が殯宮(あらきのみや)の時の反歌としている」とあります。

更新日: 2015年10月04日(日)