第二巻 : 小竹の葉はみ山もさやに乱るとも

2004年07月04日(日)更新


原文: 小竹之葉者 三山毛清尓 乱友 吾者妹思 別来礼婆

作者: 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

よみ: 小竹(ささ)の葉は、み山もさやにさやげども、われは妹(いも)思ふ、別れ来ぬれば

意味: ささの葉が風にそよいでざわざわと鳴っていても、私はあの人のことを思ってやみません、別れて来たあの人のことを。

撮影 by きょう

第二巻