第二巻 : 人言を繁み言痛みおのが世に

2004年07月04日(日)更新


原文: 人事乎 繁美許知痛美 己世尓 未渡 朝川渡

作者:但馬皇女(たじまのひめみこ)

よみ: 人言を繁(しげ)み、言痛(こちた)み、おのが世に、いまだ渡らぬ、朝川渡る

意味: 人の噂が辛くても、いえそれだからこそ。生まれて初めて、あの人に会うために冷たい水の流れる朝川を渡ります。

この歌は、但馬皇女(たじまのひめみこ)が穂積皇子(ほずみのみこ)に会いにいったときの歌です。詳しくは、但馬皇女(たじまのひめみこ)と穂積皇子(ほずみのみこ)をご覧ください。

撮影 by きょう

第二巻