ユズリハ 撮影(2015.04) by きょう

原文

古尓 戀流鳥鴨 弓絃葉乃 三井能上従 鳴濟遊久

作者

弓削皇子(ゆげのみこ)

よみ

いにしへに、恋ふる鳥かも、弓絃葉(ゆづるは)の、御井(みい)の上より、鳴き渡り行く

意味

昔を偲んでいる鳥なのでしょうか、弓絃葉(ゆづるは)の御井(みい)の上を鳴き渡ってゆきます。

御井(みい)は、泉などをいいます。

補足

弓削皇子(ゆげのみこ)が、額田王(ぬかたのおおきみ)に贈った歌です。この歌に答えて額田王が詠んだ歌が続いています。

更新日: 2015年04月19日(日)