第二巻 : あしひきの山のしづくに妹待つと

2002年5月5日(日)更新


原文: 足日木乃 山之四付二 妹待跡 吾立所沾 山之四附二

作者: 大津皇子(おおつのみこ)

よみ: あしひきの、山のしづくに、妹(いも)待つと、我れ立ち濡れぬ、山のしづく

意味: 山であなたを待っていると、立ち濡れてしまいましたよ、山のしづくで。

大津皇子(おおつのみこ)が、石川郎女(いしかわのいらつめ)に贈った歌です。石川郎女(いしかわのいらつめ)からの返事の歌が次に載っています。

しずく(フリーデジタルフォト1000シリーズ)より

第二巻