第二巻 : 居明かして君をば待たむぬばたまの

2006年01月08日(日)更新


原文: 居明而 君乎者将待 奴婆珠能 吾黒髪尓 霜者零騰文

作者: 磐姫皇后(いわのひめのおおきさき)

よみ: 居(ゐ)明(あ)かして、君(きみ)をば待(ま)たむ、ぬばたまの、我(わ)が黒髪(くろかみ)に、霜(しも)は降(ふ)るとも

意味: 朝まで寝ないであなたを待ちましょう。私の黒髪に霜(しも)が降ろうとも。

仁徳天皇(にんとくてんのう)を思って詠んだ歌のひとつとされています。この歌の前に、「磐姫皇后(いわのひめのおおきさき)が仁徳天皇(にんとくてんのう)を思って作られた歌」として4首の歌があり、この歌の題詞には「或本歌曰(ある本の歌にいわく)」と書かれています。

霜 撮影(2006.01) by きょう

第二巻