第二十巻 : わが門の片山椿まこと汝

平成九年丑年三月二十二日(土)更新

原文: 和我可度乃 可多夜麻都婆伎 麻己等奈礼 和我弖布礼奈々 都知尓於知母加毛

作者: 物部廣足(もののべのひろたり)

よみ: わが門(かど)の片山椿まこと汝(なれ)、わが手触れなな土に落ちもかも

意味: 私の家の門に咲く椿よ、おまえは本当に私が触れないのに土に落ちてしまうのか。

万葉集に戻る | 第二十巻に戻る