第二十巻 : 筑波嶺のさ百合の花の夜床にも

2008年07月20日(日)更新


原文: 都久波祢乃 佐由流能波奈能 由等許尓母 可奈之家伊母曽 比留毛可奈之祁

作者: 大舎人部千文(おほとねりべのちふみ)

よみ: 筑波嶺(つくはね)の、さ百合の花の、夜床(ゆとこ)にも、愛(かな)しけ妹(いも)ぞ、昼も愛(かな)しけ

意味: 筑波の山百合のように、夜も昼もいとおしい妻よ。

大舎人部千文(おほとねりべのちふみ)は、常陸国(ひたちのくに)の那珂郡(なかのこほり)の人です。今の、茨城県那珂郡・那珂湊市・勝田市あたりをいいます。

百合 撮影 by きょう

第二十巻