第十二巻 : 鈴鹿川八十瀬渡りて誰がゆゑか<

2010年01月03日(日)更新


原文: 鈴鹿河 八十瀬渡而 誰故加 夜越尓将越 妻毛不在君

作者: 不明

よみ: 鈴鹿川、八十瀬(やそせ)渡りて、誰がゆゑか、夜(よ)越えに越えむ、妻もあらなくに

意味: 鈴鹿川のいくつもの瀬を渡って、誰のために夜に越えてなど行くものでしょうか、妻もいないのに。。。

旅の人が詠んだ歌です。

撮影 by きょう

第十二巻