第三巻 : 百伝ふ磐余の池に鳴く鴨を

2010年01月03日(日)更新


原文: 百傳 磐余池尓 鳴鴨乎 今日耳見哉 雲隠去牟

作者: 大津皇子(おおつのみこ)

よみ: 百(もも)伝ふ、磐余(いわれ)の池に鳴くを、今日のみ見てや、雲(くも)隠(かく)りなむ

意味: 磐余(いわれ)の池に鳴くを見ることも今日までか。私は、もう死ななくてはならないのだ。

謀反の疑いで自害させられる直前に詠んだ歌とされています。詳しくは、大津皇子(おおつのみこ)をご覧ください。

撮影(1997) by きょう

第三巻