第三巻 : 験なきものを思はずは一杯の

平成10年12月13日(日)更新


原文: 験無 物乎不念者 一坏乃 濁酒乎 可飲有良師

作者:大伴旅人(おおとものたびと)

よみ: 験なき、ものを思はずは、一杯の濁(にご)れる酒を、飲むべくあるらし

意味: なんの役にも立たないことを思うくらいなら、一杯の濁(にご)り酒を飲んだほうが飲んだほうがましだよね。

九州に太宰府の長官として赴任していた大伴旅人(おおとものたびと)が、酒をほめたたえる歌として詠んだ13首のなかの一つです。

「濁(にご)り酒」は、麹(こうじ)のかすを漉(こ)していないお酒で、白く濁っています。


| 第三巻に戻る