第三巻 : 忘れ草我が紐に付く香具山の

2010年01月03日(日)更新


原文: 萱草 吾紐二付 香具山乃 故去之里乎 忘之為

作者: 大伴旅人(おおとものたびと)

よみ: 忘れ草、我が紐(ひも)に付く、香具山(かぐやま)の、古(ふ)りにし里を、忘れむがため

意味: 忘れ草を私の紐(ひも)に付けます。香具山(かぐやま)のあるあの懐かしい古里を忘れられるように。

九州に太宰府(だざいふ)の長官として赴任していた大伴旅人(おおとものたびと)が、香具山(かぐやま)のある明日香が懐かしくてたまらないので、辛さを忘れられると言う、忘れ草を紐(ひも)に付けてみたのだというのです。

撮影 by きょう

第三巻