原文

荒栲 藤江之浦尓 鈴木釣 泉郎跡香将見 旅去吾乎

作者

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

よみ

荒栲(あらたへ)の、藤江の浦に、鱸(すずき)釣る、海人(あま)とか見らむ、旅行く我(わ)れを

藤江の海 撮影(2011.12) by きょう

意味

藤江の浦で鱸(すずき)を釣っています。(人が見ると)海人(あま)だと思われるでしょうか。旅をしている私のことを。

補足

「荒栲(あらたへ)の」は、「藤(ふじ)」を導く枕詞(まくらことば)です。

更新日: 2012年04月15日(日)