去(さ)る

基本的には空間的・時間的に移動する意味があります。ある場所からいなくなったり、ある場所に来たりする意味もあります。

「去(さ)る」を詠んだ歌

春の風景 撮影() by きょう

万葉歌の中での使われかたは次のようなものが多いです。

・秋さらば
秋になったなら
・春去り来れば
春がやってくると
・夕さらば/夕されば
夕方、夕暮れになると

その他の使われかたとして、明けされば、春さらば、夕去り来れば、夜さり来れば、などがあります。

 

0016: 冬ごもり春さり來れば鳴かざりし鳥も來鳴きぬ.......(長歌)

0084: 秋さらば今も見るごと妻恋ひに鹿鳴かむ山ぞ高野原の上

0121: 夕さらば潮満ち来なむ住吉の浅香の浦に玉藻刈りてな

0354: 縄の浦に塩焼く煙夕されば行き過ぎかねて山にたなびく

0464: 秋さらば見つつ偲へと妹が植ゑしやどのなでしこ咲きにけるかも

0602: 夕されば物思ひまさる見し人の言とふ姿面影にして

0818: 春さればまづ咲くやどの梅の花独り見つつや春日暮らさむ

0859: 春されば我家の里の川門には鮎子さ走る君待ちがてに

1101: ぬばたまの夜さり来れば巻向の川音高しもあらしかも疾き

1198: あさりすと礒に棲む鶴明けされば浜風寒み己妻呼ぶも

1511: 夕されば小倉の山に鳴く鹿は今夜は鳴かず寐ねにけらしも

1816: 玉かぎる夕さり来ればさつ人の弓月が岳に霞たなびく

1824: 冬こもり春さり来ればあしひきの山にも野にも鴬鳴くも

1830: うち靡く春さり来れば小竹の末に尾羽打ち触れて鴬鳴くも

1899: 春されば卯の花ぐたし我が越えし妹が垣間は荒れにけるかも

2588: 夕されば君来まさむと待ちし夜のなごりぞ今も寐ねかてにする

2922: 夕さらば君に逢はむと思へこそ日の暮るらくも嬉しくありけれ

3786 : 春さらばかざしにせむと我が思ひし桜の花は散りにけるかも

補足

更新日: 2017年02月05日(日)