撮影 by きょう

五穀(ごこく)

穀類の中で重要な五つの種類をいう言葉です。一般的には、五穀は米・粟(あわ)黍(きび)と言われています。しかし、五穀が何かということは、時代や地方によって違っているようです。

古事記・日本書記には、殺された神の死体から五穀が生まれ出たと話があります。そこでは、粟(あわ)・稗(ひえ)・麦・豆・稲が五穀とされています。ちなみに、江戸時代以降は、米・麦・粟(あわ)・豆・黍(きび)を五穀ということが主流とのことです。

 

0404 : ちはやぶる神の社しなかりせば春日の野辺に粟蒔かましを

0405 : 春日野に粟蒔けりせば鹿待ちに継ぎて行かましを社し恨めし

3096 : 馬柵越しに麦食む駒の罵らゆれど猶し恋しく思ひかねつも

3364 : 足柄の箱根の山に粟蒔きて実とはなれるを粟無くもあやし

3451 : 左奈都良の岡に粟蒔き愛しきが駒は食ぐとも我はそとも追じ

3537 : 柵越しに麦食む駒のはつはつに相見し子らしあやに愛しも

3537 : (或本に曰く)馬柵越し麦食む駒のはつはつに新肌触れし子ろし愛しも

3834 : 梨棗黍に粟つぎ延ふ葛の後も逢はむと葵花咲く

4352 : 道の辺の茨のうれに延ほ豆のからまる君をはかれか行かむ

補足

更新日: 2017年01月22日(日)