第十巻 : 萩の花咲きたる野辺にひぐらしの

2008年08月10日(日)更新


原文: 芽子花 咲有野邊 日晩之乃 鳴奈流共 秋風吹

作者: 不明

よみ: 萩(はぎ)の花、咲きたる野辺(のへ)に、ひぐらしの、鳴くなるなへに、秋(あき)風(かぜ)吹く

意味: 萩(はぎ)の花が咲いている野にひぐらしが鳴いているとともに、秋(あき)風(かぜ)が吹いています。

萩の花 撮影(2006.8) by きょう
風 撮影(2007) by きょう

「~なるなへに」は、「~しているのと同時に」という意味です。


第十巻