第十六巻 : 梨棗黍に粟つぎ延ふ葛の

2004年02月08日(日)更新


原文: 成棗 寸三二粟嗣 延田葛乃 後毛将相跡 葵花咲

作者: 不明

よみ: 梨(なし)、棗(なつめ)、黍(きみ)に粟(あは)つぎ、延(は)ふ葛(くず)の、後(のち)も逢はむと、葵(あふひ)花咲く

意味: 梨(なし)棗(なつめ)と続くように、あなたに会いたい。葛(くず)のつるが別れてまたつながるように、またあなたに会いたい。あなたに逢う日は花咲くようにうれしい。

かけ言葉が使われています。

黍(きみ) 撮影(1997.11) by きょう

| 第十六巻に戻る