第六巻 : 天にます月読壮士賄はせむ

2005年02月20日(日)更新


原文: 天尓座 月讀壮子 幣者将為 今夜乃長者 五百夜継許増

作者: 湯原王(ゆはらのおおきみ)

よみ: 天(あめ)にます、月読壮士(つくよみをとこ)、賄(まひ)はせむ、今夜の長さ、五百夜(いほよ)継ぎこそ

意味: 天にいらっしゃる月(つき)の神様、お供え物をいたしますから、どうか、この夜がいつまでも長く続きますように。。。。。

月読壮士(つくよみをとこ)は、月のことです。月を男の神様と考えていたのでしょうか。

撮影 by きょう

第六巻