第七巻 : 向つ峰に立てる桃の木ならめやと

2002年2月24日(日)更新


原文: 向峯尓 立有桃樹 将成哉等 人曽耳言焉 汝情勤

作者: 不明

よみ: 向(むか)つ峰(を)に、立てる桃の木、ならめやと、人ぞささやく、汝(な)が心ゆめ

意味: 向こうに見える山の桃の木には実がならないと人がささやいている。(そんなことに惑わされずに)あなたの心を迷わせてはいけないですよ。

実がなる、とは恋が実るという意味です。

撮影(2002.3) by きょう

第七巻