第七巻 : 橡の解き洗ひ衣のあやしくも

2000年1月23日(日)更新


原文: 橡 解濯衣之 恠 殊欲服 此暮可聞

作者:不明

よみ: 橡(つるばみ)の、解(と)き洗ひ衣(きぬ)の、あやしくも、ことに着欲しきこの夕(ゆふへ)かも

意味: 橡(つるばみ)染めの仕立て直しの着物を、なんだか妙に、とても着て見たい気がする夕暮れ時です。

「解(と)き洗ひ衣(きぬ)」着古した橡(つるばみ)染めた着物を仕立て直ししたものを言います。この歌は、「比喩(ひゆ)歌」ですから、以前関係のあった女性のことが、妙に気になっていることを詠んだ歌と思われます。

撮影(1999) by きょう

第七巻